FC2ブログ
04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

9年ぶりの全線復旧の常磐線を訪ねて 8 

DSC01050.jpg
2020.3.21 JR常磐線・坂元駅


DSC01051.jpg
2020.3.21 JR常磐線・原ノ町駅


DSC01056.jpg
2020.3.21 福島県南相馬市原町区・野馬土手カレー周辺


DSC01060.jpg


P3210322.jpg
2020.3.21 JR常磐線・原ノ町駅



宮城県山元町を訪問した後、再び常磐線を南下して原ノ町駅を目指しました。

そこでのお目当てというものは特になかったのですが、いわき方面への乗換駅ということで、とりあえず11年ぶりに降りて、駅の下車印をいただくことに。あわよくば、到着する時間も時間だったので、昼食をなんとか調達できればと、駅前を散策していると、カレー屋さんの移動販売を発見したので立ち寄ることに。
その際、商品のカレーを食べながら、店員さん、それと常連のおじさん(?)の話をいろいろ伺うことにしました。

野馬土手カレーという屋号で、キッチンカーを駅前の駐車場に構え販売しているお店ですが、極力地元産の農産物を使った材料にこだわっています。中でも、カレーの特徴としてスパイスに山椒を用いた他、福島県浜通り地方の玉ねぎをふんだんに使った具材が魅力的に感じました。
参考URL: http://nomadote-curry.com/(野馬土手カレー(のまどてかれー)/Nomadote Curry)

そこで、いろいろ談笑にふけっているうちに、列車の乗り換え時間が迫ってきたので、再び駅のホームへ。するとお目当ていわき行の列車がすでに入線していましたが、その車両が首都圏で乗りなれたはずのE531系5両編成でした。
以前訪問したときはステンレスの415系1500番代4両編成でしたので、そのまま車両が置き換わったと思えば、別になんとも不思議は思わないはずです。しかし、その首都圏ではあまり目にしない車両とホームの段差だったり、これからいわきまでのの区間をこのE531系で乗りとおそうとしたりすると、ただなんとなく全く新しい何かの新線に乗る気分になってしまいます。
スポンサーサイト



category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR常磐線  その他交直流型電車  その他交流型電車 
Posted on 2020/04/13 Mon. 19:41  edit  |  tb: 0   cm: 0  

列車に揺られて 


2020.3.21 JR常磐線・JRE721系車内



たぶん、鹿島~原ノ町間乗車中のときだったと思います。
電車に揺られているときに、何気なく撮ったカットです。

こう、当たり前だと思っていた景色が新型コロナウィルスによる外出自粛要請により、もはや「当たり前じゃなくなる」という瞬間を味わってからは、普段「当たり前にできていたこと」に対し、もう少しありがたみを持とうと感じました。

そんな普段の生活を取り戻すべく、今自分ができることをしっかりとやっていきたいと思います。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR常磐線  その他交流型電車 
Posted on 2020/04/12 Sun. 20:40  edit  |  tb: 0   cm: 0  

9年ぶりの全線復旧の常磐線を訪ねて 7 

c24375b552f44da3823de1ce4bef64e2.jpeg
2020.3.21 JR常磐線・坂元駅


adcdf0c0376d4273a8d058678a5cc201.jpeg
2020.3.21 宮城県山元町・国道6号路上


049e10cb6c6249c78a068415380876ae.jpeg


cb03e8a6b536486a8fa1219079c68167.jpeg
2020.3.21 宮城県山元町・やまもと夢いちごの郷


9112252e06c1416f9bd433e44129d0a2.jpeg
2020.3.21 JR常磐線・坂元駅



続いてやってきたのは、山下のお隣の駅・坂元。
列車を降りて景色を見渡してやると、津波ですべてをさらっていってしまったかのような殺風景が広がっているかのように見えました。沿線を走る国道6号の看板を通りがかりに見ると、あのときの津波がこのあたりまで押し寄せてきたようです。この近くの高台より、E657系の特急「ひたち」14号を撮影してきました。

駅前に戻ると、農産物直売所「やまもと夢いちごの郷」なる建物を発見したので立ち寄ってきました。山元町の特産品であるいちごを中心に取り扱っている農産物直売所ですが、NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という番組で過去に紹介され、その際放映された回をたまたま視聴していたので、名前を伺った地点ですぐにピンときました。

その中で、とりわけおもしろかったのがこのTシャツ。
テーマは「LIM(“Life is MIRACLE”)」で、震災復興のチャリティーTシャツという位置づけの商品に目に留まりました。

このもととなったストーリーが山元町にはあったわけで、津波の引き潮でコンテナガレージごと流されたバイクが震災の翌年6,500km離れたカナダの海岸に漂着したというのがきっかけだったようです。そんな思いもよらない奇跡のような出来事をまさに「人生とは奇跡の連続である」というメッセージのもと、未曾有の大惨事となった東日本大震災をこれからも忘れることのないようにと作製されたそう。

そんな思いが募ったTシャツを、東北にゆかりのある一人の人間として買うことにしました。
俺の人生も、きっと奇跡の連続であるに違いないと誓いながら、次なる目的地へ足を進めることにしました。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR常磐線  その他交流型電車 
Posted on 2020/04/05 Sun. 22:25  edit  |  tb: 0   cm: 0  

9年ぶりの全線復旧の常磐線を訪ねて 6 

1f1dc25c6a4a4b50a4050ccaf376ea70.jpeg
2020.3.21 JR常磐線・JRE721系車内


f3b5b15ef9c94c0399402f7438cfef0f.jpeg


96e7292da3ce4b56a5e1653a706a2bf5.jpeg


1156e3bf40e846008612921f7313fb02.jpeg


b17266d965274ee99f168fd0794677be.jpeg
2020.3.21 JR常磐線・山下駅



亘理駅のひとつ先、浜吉田からは津波被害による高台移転の区間となり、乗っていた電車は途中から高架の新しい線路を走っていきます。目的地だった坂元駅の手前の駅・山下で途中下車することにしました。

駅前の町役場と思しき建物からは、常磐線全線復旧の横断幕が掲げられ、周辺の景色を見てもまさにこれからといったところ。駅の周辺には一戸建ての住宅が立ち並ぶようになり、小売店もちらほら出店しはじめてきた感じです。そして、いつしかここらの景色が劇的に変化する光景を見てみたいものです。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR常磐線  その他交流型電車 
Posted on 2020/04/01 Wed. 19:01  edit  |  tb: 0   cm: 0  

9年ぶりの全線復旧の常磐線を訪ねて 5 

9ef919bff0ff47b98aa816650ef03a09.jpeg


0668f7b3cd334f30bf363ebb57dc7d7c.jpeg


856f150240e64fe4b13383358aea9947.jpeg
2020.3.21 JR東北本線・仙台駅


ceacb9a64ce448d891cbf07c3c0fe655.jpeg
2020.3.21 JR常磐線・亘理駅



5章に入って、ようやく本題というところへ差し掛かりました汗

久しぶりに歩いた仙台の街を堪能した翌朝、8時過ぎの上り列車に乗っかって福島県浜通り地方へ向けて旅立ちました。とりあえず、前の日に長町駅先で撮れなかったE657系を被災地の景色と一緒に撮ろうと、一路山元町へ向かうことにしました。早く着きすぎた宿で作戦タイムをとっていたときに、目に留まったところへ足を運びます。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR東北本線  JR常磐線  その他交流型電車 
Posted on 2020/03/30 Mon. 21:31  edit  |  tb: 0   cm: 0