K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

長坂カーブでE353系を狙い撃ち 2018年3月 

ED5A1011.jpg
2018.2.24 JR中央本線・小淵沢~長坂
18M JRE353系長モトS203編成先頭12車



そのまま、小淵沢~長坂の定番カーブへ移動し、1本おきにやってくるE353系をじっくりと狙い撃ちしてみる。
ここで一番気にしていたのは、編成の巻き具合。E257系の11両であればバッチリのような気もするが、撮影地がカーブの途中なので、1両でも増えると少々厄介。また、左側に写っている鉄塔も気になるが、これは構図の関係で致し方ないところ。おそらく、夕方の斜光線になったときに、黒つぶれさせて目立たなくさせるのがベターかと。

背景の八ヶ岳も、なんとか山頂の形は見える感じにはなったが、雲に覆われていてみっともないので、GWに撮りなおしにいくつもり。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

あと1か月・・・ 

ED5A0972.jpg
2018.2.24 JR中央本線・穴山~新府
14M JRE351系長モトS24編成先頭12車



先週末は、中央道を飛ばして中央本線へ出動していました。
狙いは、もちろんE353系ではあったが、2度の事故渋滞を食らってしまい、189系のホリデー快速富士山はおろかスーパーあずさ11号も撮れず仕舞い。仕方ないので、第2の目的地の小淵沢~長坂の定番へ直接向かうことに。

で、これは道中で撮ったスーパーあずさ14号。
時間もちょうどよかったので撮ったのだが、この車両もあと1か月ですね。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

都会の電車のイメージってこんなもん? 

_MG_6420_20180207234358cf7.jpg
2018.2.4 JR中央本線・大久保~新宿



このあいだの日曜は、深夜だったにもかかわらず、超望遠レンズを携えてカメラをブンブン振り回しながら撮影していました。

お目当てのE353系の特急「スーパーあずさ」36号は痛恨のミスをやらかして失敗しましたが、練習で撮っていた中央線のE233系がわりといい感じだったのでアップ。眠らない街新宿で得た1枚をハイキー&シャッター速度1/10で調理してみました。

都会の喧騒の中を走る電車って、きっとこんな感じかな?
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

某ポスターのような1枚に仕上げてみた 

ED5A0370_20180129233548156.jpg

2018.1.27 JR中央本線・上野原~四方津
11M JRE353系長モトS102編成先頭12車



こちらは先週末の記録。
とくに撮るものも決めていなかったので、ドライブがてらE353系でも狙いにいってきました。

本当は、新四方津2号トンネル出口でトンネルぶち抜きを撮りたかったのだが、望遠が足りなかったのでトンネル飛び出しを選択。
微サイド光を浴びて輝く車体を強調すべく、かなり大胆にRAW編集してかっこよく仕上げました。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

2017年 「TRAIN SUITE 四季島」 

IMG_4473_20171230233232955.jpg
2017.5.20 JR篠ノ井線・姨捨駅
****M JRE001形「TRAIN SUITE 四季島」10車


IMG_4555_201712302332337e7.jpg
2017.5.21 JR磐越西線・猪苗代~川桁
****M JRE001形「TRAIN SUITE 四季島」10車


ED5A8744_20171230233230cd0.jpg

2017.10.21 JR中央本線・初狩~笹子
****M JRE001形「TRAIN SUITE 四季島」10車


_MG_5508_20171230233229c16.jpg
2017.12.3 JR京葉線・蘇我~千葉みなと
試****M JRE001形「TRAIN SUITE 四季島」10車



そして、この車両には今年は本当にお世話になりました。
5月の営業運転開始以来、主に1泊2日コースの追っかけがメインではあったが、この車両とともに四季を渡り歩いてきました。

今年も最後までこの車両を追っかけ続け、そして来年もまた違った景色が見れるといいと思っています。
どうぞ、みなさま良いお年をお迎えください。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit