FC2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

京成3100形 営業運転開始 


2019.11.2 北総鉄道北総線・松飛台駅



2019.11.2 京成押上線・青砥駅



2019.10.14 千葉県酒々井町・宗吾車両基地敷地内



2019.9.22 JR東海道本線・菊川~金谷




あー、いそがしいいそがしい・・・
またしても、ブログの更新頻度が下がってしまいましたわ。

というわけで、今回は先月26日のダイヤ改正より営業運転を開始したばかりの京成3100形の様子を取り上げます。
結論から申し上げると、この車両はどちらかというと、京成3000形のマイナーチェンジ車の色合いが強いっていうことです。

とはいうものの、1次車である50番代車、すなわち成田スカイアクセス向けの車両は、車内が座席折り畳み式のスーツケース置き場が設けられていたり、4か国語に対応した案内表示だったりと、空港アクセスに特化したものになっているほか、京成3000形では停車時にガクッとくる揺れがそれではなかったり、ブレーキシステムが編成全体で制御されたものになっていたりと、随所に改良がくわえられており、さらに完成度が上がったという印象でした。

ちなみに、これらの様子は、先月14日におこなわれた乗車体験ツアーに参加したときに収録した動画をこの記事に掲載していますので、そちらも併せてご参照くださいませ。

なおこの車両、北総線および芝山鉄道線内の行先表示、入線が不可という旨のテプラが運転台に貼られているそうで、1日1本走る深夜の普通高砂→印西牧の原行の運用に入れなかったりと、京成3000形50番代と比較してさらに運用に制約がかけられている模様です。
ただ、今回の新型車両導入が成田スカイアクセスのブランドの確立へ向けた第1歩ともみて取れるし、以前よりも増して誤乗防止に力を入れている印象があると思います。
スポンサーサイト



category: 鉄事情(私鉄)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 京成電鉄  北総鉄道  JR東海道本線  EL 
Posted on 2019/11/08 Fri. 22:25  edit  |  tb: 0   cm: 0  

夏空 


2019.8.4 京成押上線・四ツ木~八広



あっという間に8月になってしまいまして。
結局、箱根のあじさいシーズンが終わると、被写体に困って何も撮らないというジンクスは変わらず仕舞いでした。

さて、ようやく梅雨も明けたことだし、また今年も夏休みの宿題を完成させようかなと思います。
自分でひとつのテーマを決め、それに向かってプラン練っていくのって、最近なんかやめられなくってね。

それが形になったときが、とにかく最高なんすよ。
人に喜んでもらえるような写真をどうやったら撮れるかなって、あと1週間足らず、自問自答してみますよ。

category: 鉄事情(私鉄)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 京成電鉄 
Posted on 2019/08/04 Sun. 21:52  edit  |  tb: 0   cm: 0  

京成3100形3152編成 搬入完了 


2019.7.26 総合車両製作所横浜事業所専用鉄道・総合車両製作所横浜事業所~金沢八景




昨日のしごとがあまりにも早く終わったので、逗子の手前までちょいと遠足に行って参りました。

24日から3夜連続で搬入作業が行われまして、初日は上野方の先頭車を含む3152-6~8号車、2日目は3152-3~5号車、そして最終日は成田空港方の先頭車を含む3152-1~2号車が、3600形3668編成の牽引によりそれぞれ回送され、都営浅草線を経て宗吾車両基地へ到着しました。

昨日は、OLYMPUS PEN-Fを用いて、動画をメインに撮影しましたので、まとめてYouTubeにアップしてみました。

category: 鉄事情(私鉄)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 京成電鉄  京急電鉄  東京都交通局 
Posted on 2019/07/27 Sat. 20:47  edit  |  tb: 0   cm: 0  

京成3100形 第一陣登場 


2019.7.24 京成押上線・四ツ木~立石



かねてから総合車両製作所横浜事業所内での目撃情報があがっていた京成成田スカイアクセス線の新型車両3100形が、昨日夜な夜な回送されてきたとのことで、しごと終わりに撮ってきました。

そもそもこの新型車両、2019年の京成電鉄事業方針において導入が明らかにされていたもので、この3152編成を含む8連16両が登場するのに加え、今年秋からの営業運転開始が事前にアナウンスされています。前面、側面の行き先表示器を大型化したほか、制御装置にSiC素子VVVFインバーターが採用されるなど、15年ぶりの新型車両として、従来の主力車両の京成3000形から大幅に刷新された外観となりました。車内も、インバウンド需要を見据え、座席の一部を折りたたみ式としたスーツケース置き場が設けられるなど、来年に迫る2020年東京オリンピックをも視野に入れた設計が取り入れられました。

ただし、この車両導入に伴うアクセス特急などの増発は名言されていません。
単純に既存の京成3000形7次車を置き換えとなると、この車両を含め、今後何らかしらの動きが予測されます。

いずれにせよ、今年の秋が待ち遠しいことに変わりはありません。
早く自走する姿を拝んでみたいものです。

category: 鉄事情(私鉄)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 京成電鉄 
Posted on 2019/07/25 Thu. 01:10  edit  |  tb: 0   cm: 0  

令和な鉄道 1 


2019.5.11 京成本線・関屋駅



このInstagramのアカウントから画像を引っ張ってくる機能が便利なので、記事の更新がはかどりそう。
というわけで令和元年5月、新元号制定記念でヘッドマークを掲出した鉄道会社も多かったと思うので、撮影記録をまとめてみます。



まずは、わが地元京成電鉄。

京成AE形1編成(AE7編成)にシール式のヘッドマークを掲出の上、平成31年4月30日のイブニングライナー83号(定期列車)に充当され、佐倉→成田間で改元の瞬間を迎えたほか、翌令和元年5月1日に上野→東成田間で「令和」号記念ツアー列車が運行されました。
この一連の運行についてはしごとで撮影できなかったのですが、その後ほかの編成に交じり定期列車へ充当されていたのを確認。改元から11日目の日に、都電沿線のバラを撮ってきた帰り道に無事捕獲できました。

なおこのAE7編成、先週末までこのヘッドマークがついたままの状態との情報らしいが、いつまでついているんだろう・・・
ただ、いずれにせよデザインがとてもかっこいいからよしでしょう。

category: 鉄事情(私鉄)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 京成電鉄 
Posted on 2019/05/28 Tue. 22:39  edit  |  tb: 0   cm: 0