K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

原点に返るとは 

_MG_8022.jpg

_MG_8056.jpg

_MG_8079.jpg

_MG_8176.jpg

_MG_8188.jpg


気が付くと、この旅のいちばんのメインになっていた呉線の103系。
俺の原点はやはりこれかもしれない。

物心ついたころからこの電車に愛着がわき、旅をしながらいろんな色のコイツをみてきたが、京葉線にいたコイツがいなくなって、この趣味にどっぷり浸かるようになり、魅力ある被写体を追いかけては奔走してきた。この趣味の魅力って、“ただ見る”だけじゃなくて“記録する”ことができるからおもしろいのであって、あとで見返したときに、「ああ、こんなことやってたなあ」って感慨に浸れるから、余計に味わい深い趣味なのである。
今日で28になっても、いつまでも童心の気持ちのままで走り続けることができるから、当分しばらくはやめられそうにないだろう。

しかし、いつもどこかでいき詰まる。

他のうまい人のものを見比べたときに感じる劣等感。
自分のいま置かれている環境に対する嫌悪感。

それは自分自身のセンスや機材のレベルにしろ、経済面や行動力、精神的なモチベーションやら勝負運のなさ、そういうので一段どころか二段も三段もかけはなれてゆく。そんなことばかりで、次第に置いてけぼりをくらっている自分ってなんなんだろう。

まわりのみんなが成長してゆくけど・・・俺そのまんま。
そんなことがいつも脳裏に浮かんでくる。

この変わりたくても変われないこの気持ち。ここ最近の俺は、常に葛藤とのたたかいである。
なにがいけないんだろう・・・そんなことばかり考えている。

勝負の結果がみえてくるまであと2年。
それまで俺はひたすら走り続ける。あきらめたらそこまでだ。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

呉線なにわ 

念願のサロンカーなにわ、初撮影也。

_MG_8164.jpg
▲14.11.6 安芸幸崎~忠海間にて撮影
9333レ EF65 1133[関]+14系サロンカーなにわ6車。

_MG_8168.jpg
▲14.11.6 吉名~安芸津間にて撮影
9333レ 同上。


当日は黄砂などによるガスった空模様と、隙間から差し込んでくる日差しに苦戦し、なかなかの悪条件での撮影となったが、自らの画像編集技術により、無事に人様にお見せできるものになった()
そして、途中制限20~30㎞/hの徐行カーブが複数個所あったので、結構容易に追っかけができるものと高をくくっていたが、回復運転などでリードを確保していてもすぐに追いつかれてしまう。1か所撮りたかった箇所を逃してしまい、なんとも不完全燃焼な気持ち。当日の俺はまさに、「二兎を追うものは一兎を得ず」という諺がお似合いだったでしょうか。

そんなこんなで、なんとか確保できたのがこの2枚。この遠征で一番撮りたかった吉名駅出発が奇跡的に順光で撮れただけ、もうまさに御の字ともいえるでしょうか。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit