K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

嗚呼、日本海の名優・EF81 猛吹雪編 

_MG_1899_201604122306478d2.jpg
2012.1.9 JR奥羽本線・鶴ヶ坂~津軽新城
3099レ EF81 123[富山]+コキ**車



冬の日本海側の象徴的な光景をゆくJR貨物富山区のEF81形。
このときはEF510形の代走できたのだが、この地点で青森信号場まで入線するEF81形の貨物運用はすでに数えられるぐらいにしかなかった。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】わずか一晩の滞在 

_MG_1548.jpg
2016.1.2 JR奥羽本線・上飯島駅


_MG_1551.jpg
2016.1.3 JR奥羽本線・土崎駅


_MG_1558.jpg


_MG_1560_20160124235309ab0.jpg


_MG_1563.jpg
2016.1.3 JR奥羽本線・秋田駅



弘前からは、先の時刻表読み間違えで泣く泣く上り終電で秋田入りすることになった。
母親の実家に着いたのは夜中の22時半頃。起きていたのはいとこの家族ぐらいで、あんまりゆっくりしているヒマもなく、この日は夜中の1時頃に就寝。

翌朝、5時半に起きて羽越線乗り継ぎする計画だったが、さすがに4日連続の乗りつぶし旅に対し悲鳴をあげたらしく、どうも体が動かずに出発を朝の8時まで伸ばし、秋田からいなほ8号で南下することにした。その捻出した時間を親戚との団らんに充てることにした。
俺自身、いとこはたくさんいるんだけど、一番上のいとこは今年大学生で就活、その下がJK卒業で進学、その下が中3で来年高校受験、その下が小学校入学と、自らの年齢を感じさせられずにはいられなかった。俺も今年30だしなあ・・・

そんななか、翌日からはじまる現実に引き戻されるがごとく、東京へと向かうことにした。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】久しぶりの新青森 

_MG_1512.jpg


_MG_1527.jpg
2016.1.2 JR奥羽本線・新青森駅



2016.1.2 青森県青森市・めぇ太宰らうめんと津軽のめしや大全集


_MG_1532.jpg


_MG_1540.jpg
2016.1.2 JR奥羽本線・弘前駅



結局あのあと、どうするか迷った挙句、後続の臨時特急白鳥80号に乗って、ひと区間先の新青森まで行くことにした。
3日間連続で、ひたすら列車に乗車しつづけていたので、ちょっとゆっくりできるところ、そして青森にきたらいつも食べているメシ屋を探すことにしたので、ちょうどよかった。
思えば、青森に来たのって3年ぶりだったりして、前回来たときよりもさらに駅前の開発が進んでいて、だんだん新幹線の発着駅らしくなってきた感じ。

いつもの煮干し系中華そばを平らげ、1時間ちょっとゆっくりしてから、弘前へと足をすすめる。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

臨時日本海 

_MG_3688.jpg
▲13.1.5 白沢~陣場間にて撮影
9003レ EF81 107[敦]+24系7車。

_MG_3780.jpg
▲13.1.5 青森~新青森間にて撮影
9004レ 同上。


昨年まさかの旅先での寝坊で撮れなかった東北の日本海冬景色をようやく収めることができた。

定期便の頃より編成が短くなってイマイチ迫力が・・・とかいっているみなさん、工夫次第でなんとかなりまっせ! これで、去年の借りを返すことができた。

それにしても、今冬の運転で日本海およびきたぐにの予定臨が最後っていう話があるみたいんだけど、ホントなのかねぇ。JR東の新潟支社労組がホームページで暴露してるんだが・・・
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ひさしぶりの音鉄 

大館から679Mに乗り、701系機器更新車の音録りをしながら北上する。

●13.1.4収録
JR701系アキN11編成 クモハ701-11 679M 陣場→津軽湯の沢









で、向かった先は・・・

_MG_3624.jpg

_MG_3632.jpg


またも弘前でした笑
ついでだったので、発車メロディの津軽じょんがら節の音も録ってきました♪

●13.1.4収録
弘前駅発車メロディ







thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit