K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

相鉄20000系 Debut! 

ED5A0862.jpg
2018.2.11 相模鉄道本線・西谷~鶴ヶ峰
1037レ 相模鉄道20000系20101F10車



完全に鮮度落ちの記事にはなってしまったが、先週末相模鉄道の新型20000系が営業運転を開始したので、小田急から転戦していってきた。

運行を開始した20000系20101Fは、45運行の途中横浜駅10:30発の1015列車から、別の編成との車両交換の上で乗客を乗せて走り始めたが、車内の案内表示器のトラブルにより、この列車を撮ったあと、海老名駅でまた別の編成に差し替えられて、この日の運行を終了。
こっちまでめったに行かないので、もう1枚撮ってから帰りたい!って思っていたがかなわず。

でも、この面構えもそうだけど、写真もかっこいいでしょ?
撮影したところが、ちょうど運転士の視差歓呼ポイントになっていて、これもばっちり決まりましたわ!
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

代々木上原~登戸間複々線化前夜 点描 番外編 

ED5A0616.jpg
2018.2.11 小田急多摩線・五月台~栗平
試****レ 小田急70000形70051F7車


ED5A0692.jpg
2018.2.11 小田急多摩線・栗平~五月台
試****レ 同上


ED5A0776.jpg
2018.2.11 小田急多摩線・新百合ヶ丘駅
試****レ 同上



小田急小田原線・代々木上原~登戸間複々線化とは直接かかわりはないが、それを反映させた先のダイヤ改正より、この新型ロマンスカー70000形GSEが営業運転を開始するという告知が行われており、撮影に出かけた当日には乗務員訓練と思われる試運転が多摩線内で行われていた。

以前、MSEの試運転を撮ったときは線内8往復とは聞いていたが、おそらく今回もそんな感じだと思う。
新百合ヶ丘と唐木田の間を行ったり来たりしていた。



というわけで、いつものようにYouTubeの動画もみてね!
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

代々木上原~登戸間複々線化前夜 点描5 

ED5A0522.jpg
2018.2.11 小田急小田原線・狛江駅
3704レ 東京メトロ16000系16105F10車


ED5A0566.jpg
2018.2.11 小田急小田原線・新百合ヶ丘駅


ED5A0686.jpg
2018.2.11 小田急多摩線・栗平~五月台
1810レ 東京メトロ16000系16134F10車



輸送体系が大きく変わると申し上げたが、一番変化がはっきりしているのは千代田線直通列車の件。
2002年より本格的に乗り入れるようになった多摩線へ乗り入れがなくなり、成城学園前もしくは向ヶ丘遊園での折り返しがメインとなる。それと同時に、多摩急行の種別も用途廃止になる。

これまで、千代田線直通列車=多摩急行という先入観があったが、2016年のダイヤ改正で日中の直通列車が急行となり、多摩急行という種別はもはや朝夕だけの種別になっていたが、先のダイヤ改正で完全消滅する。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

クヤ検 初撮影! 

ED5A9966.jpg
2018.1.13 小田急小田原線・新松田~開成
試****レ 小田急クヤ31形+同1000形1752F6車



小田急70000形GSEの性能試験のほかに、クヤ31形を使用した検測列車も走っていた。
実は、俺自身これをずっと前から撮りたかったけど、スジと運転日時がわからなかったので敬遠していた。
今度は、もっとまともな構図・光線状態で撮りたいですわ。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

富士の嶺をバックに見せる曲線美 

ED5A0242.jpg
2018.1.13 小田急小田原線・渋沢~新松田
試****レ 小田急70000形70051F7車



渋沢~新松田の川音川で撮った別カット。
昨日アップした画像は、GSEのロゴに焦点を当てたものとなったが、今回は半逆光シルエットで収めたケツ撃ちショットである。

この光線状態だと、フロントノーズのとがった部分が目立たなくなって、車体全体が丸みを帯びた形状になった。
さらに、順光で撮ると背景に写る国道255号の高架橋も、逆光で目立たなくなり、より車体と富士山が強調されて写った。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit