FC2ブログ
09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

バスでもどってきた 

IMG_4362.jpg
2017.11.5 秋田県男鹿市・JR男鹿駅周辺



1133Mを船越水道で撮ると、折り返しの1136Mを男鹿駅から乗れなくなる!って思っていたが、なんとちょうどいいタイミングでバスが走っていたので、これに飛び乗ることにする。

乗客は、降りた男鹿駅入口バス停まで誰ひとりとしておらず、バスの運転士さんも「自治体からの支援なしでは生きていけん」と厳しい声。幼い頃から目にしていたこの「バスで行こう」のロゴが入ったバス停も、いつかは見られなくなる日がくるんじゃないかなって思うときがある。
近年、JR北海道の存続問題に代表されるように、地方交通のあり方について様々な問題があるが、こういったインフラって、地元の足として機能しなければいけないのに、会社の損得関係だとか自治体の費用対効果だとかそんなので片づけちゃいけないんじゃないのっていつも思う。

それでもなお、なくなったらなくなったで騒ぎ出すのはてめえらだ。
そんなご都合主義の世の中、和歌山電鐵みたいに「乗って残す」という運動が見られないのはどうなのって感じ。
列車で行くより倍の運賃がかかってしまったけれど、俺はかたちあるものが残ればそれでいいと思う。
スポンサーサイト



category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: 秋田 
Posted on 2017/11/25 Sat. 17:38  edit  |  tb: 0   cm: 0  

陣場駅 

CIMG0387.jpg


このとき以来の来訪となったJR奥羽本線・陣場駅。
臨時の日本海を撮りに、宿泊先の弘前から約5年ぶりに下車してみた。

駅舎において、正面の駅名表記が変わっていたり、横スライド式の扉に交換されていたりと、細かいところで変化があったが、それ以外はあのときの面影をほとんど残しつつあった。

CIMG0395.jpg

CIMG0397.jpg


そして、ホームへ入ると、壁際にはびっしりと出来上がったツララの群生がずらり。
当時の気温はマイナス8度。自然が醸し出す美しさを目の当たりにしたのだった。

ためしに一部分をポキッと折ってみると、意外にぶっ太くておどろいた。
ここまで見事なツララは、生まれてはじめてみることができた。

category: 旅記録

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 秋田 
Posted on 2013/01/17 Thu. 17:36  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ふたたび秋田県へ 

_MG_3590.jpg


津軽鉄道訪問後はなにか目的があるわけでもなく、黒石→弘前と雪道ドライブをたのしんで、再び矢立峠を越え、秋田県内へ戻って大館までレンタカーを返しにきた。
たぶん俺のフィットくんと同い年ぐらいのかわいいフィットくん。Gタイプ、CVTのFパッケージ車で、性能も同じだったので、今年もまたストレスを感じさせずにドライブすることができた。また会おうね、バイバイ。

CIMG0366.jpg

_MG_3600.jpg


というわけで、ここから再び青森県内へ戻ります()
だって、越境するとレンタカーの料金が高くなるんだもーん

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: 青森  秋田 
Posted on 2013/01/13 Sun. 18:26  edit  |  tb: 0   cm: 0