K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】わずか一晩の滞在 

_MG_1548.jpg
2016.1.2 JR奥羽本線・上飯島駅


_MG_1551.jpg
2016.1.3 JR奥羽本線・土崎駅


_MG_1558.jpg


_MG_1560_20160124235309ab0.jpg


_MG_1563.jpg
2016.1.3 JR奥羽本線・秋田駅



弘前からは、先の時刻表読み間違えで泣く泣く上り終電で秋田入りすることになった。
母親の実家に着いたのは夜中の22時半頃。起きていたのはいとこの家族ぐらいで、あんまりゆっくりしているヒマもなく、この日は夜中の1時頃に就寝。

翌朝、5時半に起きて羽越線乗り継ぎする計画だったが、さすがに4日連続の乗りつぶし旅に対し悲鳴をあげたらしく、どうも体が動かずに出発を朝の8時まで伸ばし、秋田からいなほ8号で南下することにした。その捻出した時間を親戚との団らんに充てることにした。
俺自身、いとこはたくさんいるんだけど、一番上のいとこは今年大学生で就活、その下がJK卒業で進学、その下が中3で来年高校受験、その下が小学校入学と、自らの年齢を感じさせられずにはいられなかった。俺も今年30だしなあ・・・

そんななか、翌日からはじまる現実に引き戻されるがごとく、東京へと向かうことにした。
スポンサーサイト
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

陣場駅 

CIMG0387.jpg


このとき以来の来訪となったJR奥羽本線・陣場駅。
臨時の日本海を撮りに、宿泊先の弘前から約5年ぶりに下車してみた。

駅舎において、正面の駅名表記が変わっていたり、横スライド式の扉に交換されていたりと、細かいところで変化があったが、それ以外はあのときの面影をほとんど残しつつあった。

CIMG0395.jpg

CIMG0397.jpg


そして、ホームへ入ると、壁際にはびっしりと出来上がったツララの群生がずらり。
当時の気温はマイナス8度。自然が醸し出す美しさを目の当たりにしたのだった。

ためしに一部分をポキッと折ってみると、意外にぶっ太くておどろいた。
ここまで見事なツララは、生まれてはじめてみることができた。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

臨時日本海 

_MG_3688.jpg
▲13.1.5 白沢~陣場間にて撮影
9003レ EF81 107[敦]+24系7車。

_MG_3780.jpg
▲13.1.5 青森~新青森間にて撮影
9004レ 同上。


昨年まさかの旅先での寝坊で撮れなかった東北の日本海冬景色をようやく収めることができた。

定期便の頃より編成が短くなってイマイチ迫力が・・・とかいっているみなさん、工夫次第でなんとかなりまっせ! これで、去年の借りを返すことができた。

それにしても、今冬の運転で日本海およびきたぐにの予定臨が最後っていう話があるみたいんだけど、ホントなのかねぇ。JR東の新潟支社労組がホームページで暴露してるんだが・・・
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ひさしぶりの音鉄 

大館から679Mに乗り、701系機器更新車の音録りをしながら北上する。

●13.1.4収録
JR701系アキN11編成 クモハ701-11 679M 陣場→津軽湯の沢









で、向かった先は・・・

_MG_3624.jpg

_MG_3632.jpg


またも弘前でした笑
ついでだったので、発車メロディの津軽じょんがら節の音も録ってきました♪

●13.1.4収録
弘前駅発車メロディ







thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ふたたび秋田県へ 

_MG_3590.jpg


津軽鉄道訪問後はなにか目的があるわけでもなく、黒石→弘前と雪道ドライブをたのしんで、再び矢立峠を越え、秋田県内へ戻って大館までレンタカーを返しにきた。
たぶん俺のフィットくんと同い年ぐらいのかわいいフィットくん。Gタイプ、CVTのFパッケージ車で、性能も同じだったので、今年もまたストレスを感じさせずにドライブすることができた。また会おうね、バイバイ。

CIMG0366.jpg

_MG_3600.jpg


というわけで、ここから再び青森県内へ戻ります()
だって、越境するとレンタカーの料金が高くなるんだもーん
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit