K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

なぜこのタイミングで 

IMG_1523.jpg
2016.10.29 JR京浜東北線・与野駅


IMG_1529.jpg


IMG_1546.jpg


IMG_1544.jpg
2016.10.29 埼玉県さいたま市浦和区・JR与野駅周辺



10月27日に、京葉車セを離れ、秋田車セのEF81 139に牽引されて配給輸送されていた千ケヨ34編成。
しかし、その日のうちに大宮操車場で車両不具合のため運転打ち切りとなり、翌日中に与野駅構内の留置線へと押し込められ、今週末をこの地で過ごすこととなった。その車両不具合の原因は定かではないが、おそらく機関車側のブレーキ関連読替装置の不具合かと推測される。
車両は、秋田総合車セへの入場が予定されていたため、交流電化区間でのパンタグラフの上昇を防ぐべくロープでしばられていた他、一部機器類が取り外されていた。そのため、配給輸送が打ち切りになっても自走はできず。また、千ケヨ31~33編成のときとは異なり、4~5号車の側面ステッカー類や行先表示が残置されていた。したがって、おそらくこの車両たちの廃車は考えにくい。

それにしても、なぜこのタイミングで千ケヨ34編成を離脱させる必要があったのか。
現状の京葉車セの所属編成数は25本で、うち運用数が23あるが、配給輸送の出発地点で千ケヨ512編成が東京総合車セへ指定保全で入場中であったため、予備車はゼロ。秋田総合車セへ入場して、なんらかの改造が施されたあとも京葉線へ戻ってくることは濃厚ではあるものの、もしこれで車両故障があった際はどのようにするつもりであったのだろう。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

もう恋なんてしない 

_MG_1386.jpg
2014.3.23 JR武蔵野線・東浦和駅



1形式1編成という稀有な存在から、何年かぶりに何か動きがあると注目されたこの車両。
その珍しい光景を収めようと、その存在すら知らなかったような人までが大勢集まって、その姿を一目見ようとする。
しかし、俺はそんな人たちよりも比較にならないほど、この車両の姿を追いつづけてきた。

その追い続けるきっかけは何気ないところだったけど、そんなところから興味を持ち続ける。
灼熱の日も、土砂降りの大雨の日も、台風ばりの大嵐の日も・・・

そういえば、昨日B'zの曲以外を珍しくヘビロテしてたなあ。
槇原敬之の「もう恋なんてしない」って曲が妙に頭に残っていて、改めていい歌だなあって。

本当に 本当に君が大好きだったから
もう恋なんてしないなんて言わないよ 絶対


去り際にみせた自らの涙。
もう会えなくなると本当に心に穴が開いたような感じになる。

そんな俺は自分の撮りたい被写体がわからなくなってきているなあ・・・
ってなわけで、ここ最近いつまでも過去の画像リメイク版ばっかです。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

南武線205系 続々とインドネシアへ譲渡中 

天気悪い中、よくこんなものを撮りにいこうなんて思ったわ。

_MG_7608.jpg
2015.7.3 JR東海道貨物線・国府津~相模貨物
配9824レ EF64 1030[長岡]+JR205系横ナハ7編成6車



毎週金曜日恒例らしい中原電車区205系海外譲渡のための配給輸送だが、今回箱根登山鉄道へいくついでに捕獲できそうだったので一応撮りにいくことにした。俺自身、この配給の類も、やはり撮る機会にはめぐまれなかったので、きっちりここで決めてくるつもりではいた。

ところが、当日は朝8時前に国府津を出てくるにもかかわらず、露出が一向にあがらない最悪のコンディション。雨は一向に増すばかりで、着用していたレインコートも形無しで、服を濡らしながらなんとか撮影。そんな俺を横目に、お目当ては湘南ライナーや貨物の間を縫うように、平然と走ってきた。




なお、インドネシアへ渡った中原電車区205系は6連を2本つないで試運転がおこなわれたらしい。
むこうでは12連での営業運転も視野に入っているとでもいうのか?
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

山手線新型E235系量産先行車 配給される 

新車が一番、お古が二番。
というわけで、ピッカピカの車体を拝みに、早朝からグンマーまでひとっ走りドライブいってきた。

_MG_4008.jpg
▲15.3.26 後閑~沼田間にて撮影
配9772レ EF64 1032[長岡]+E235系トウ01編成11車。


ホントは側面がちに撮影してみたかったが、背景の冠雪している山が比較的よくみえていたのと、10号車の元・サハE231-4620改めサハE235-4620が前から3両目にくるので、車体断面のデコボコ感を出そうと思い、余分なものを極力そぎ落としたうえで線路際にかぶりついた。右下に写り込んだガードレールと右上の架線、あとはEF64 1032の後方パンタグラフ処理がうまくいかなかったのはどうしようもなかった(あと左に半歩離れればいけた?)が、なにはともあれ被写体を浮き立たせることができてよかった。

しかしまあ、こうして眺めていると、E233系車体準拠の改造車サハE235-4620があまりにも浮きすぎていて、なんというかあんまり新車っぽくないっていうか、無理に雨どい部分をストレートに仕上げなくてもよかったというか、現行のE231系500番代6ドア車のことといい先見力に欠けた車両製造というか・・・。

ただまあ、いずれにせよ、従来の車両にはなかった数々の新機軸をふんだんに盛り込んだということだけあって、Twitterでも新潟地区試運転の様子が比較的大きな反響を呼んでいる。JR東公式によれば、今年の秋頃に営業運転を開始するそうなので、それまでが非常に待ち遠しい。
-- 続きを読む --
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

有頂天にならせて 2014年3月 

_MG_1370.jpg
▲14.3.25 東川口~東浦和間にて撮影
配9722レ EF64 1031[長岡]+E331系ケヨAK1編成14車。

_MG_1374_20141231171232f79.jpg
▲14.3.25 東浦和にて撮影
配9722レ 同上。


3月は、やはりこの話題をわすれてはならない。
学生時代から8年間、ずっとお世話になってきた車両との別れである。

いまでもあまり信じられないような出来事で、とにかくこの車両との別れが悲しかった。

落成後の京葉車セまでの甲種を追っかけるべくして、逗子から丸1日追っかけまわしたり、(未遂に終わったが)浜松まで行ったり。
試運転で、一度しか入らなかった内房線もコンプ。
計6回しかおこなわれなかった総武本線試運転も、土砂降りの中2時間傘もささずに待機したり。
1か月で誉田往復の試運転を30枚量産したこともあったし。
お盆まっただなかで、1日で15枚撮影しにいったこともあったし。

決して、この車両に対する記録に甘えは許すことなく、ただ猛然と立ち向かっていた。
そんな毎日が本当に楽しかった。だからこそ、この車両との別れに涙した。

できれば、またこういうエポックメイキングな車両が出てきてくれると、こっちも熱が入るんですけど、たのみますよおJR東さんw
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit