K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

ゲテモノ 

_MG_5008_20160218231216892.jpg
2011.7.23 JR高崎線・行田~吹上
3002M 185系宮オオOM03編成先頭14車



そういえば、こんなゲテモノ塗装の185系も撮ってなあってあの頃。
80系風塗装ということで、湘南色に塗られた宮オオOM03編成だが、高崎以北では普通列車の115系との誤乗を誘発させる一因になったとかなってないとか。
そういった事情は定かではないが、数年後あっけなく従来からの湘南ブロック塗装に塗り替わってしまいましてね。
俺自身、こんなキモい塗装なんか気合入れて撮りにいかん!ということで、この1枚だけが記録として残っていました。

特急草津も7両より長い編成で走ることはなくなってしまいましたし、ここの撮影地もタイガーロープの餌食になってしまったらしいですねえ。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】エピローグ 

_MG_1686.jpg
2016.1.3 JR東北本線・E231系車内


_MG_1694.jpg


_MG_1695.jpg


_MG_1699.jpg
2016.1.3 JR東北本線・上野駅



高崎から3936M・快速アーバン上野行に乗り、グリーン車の車内でふと目を閉じる。
それで気が付くと、もうあたりはすでに都会の形相であった。
たしか、大宮に着く手前だったと思うが、さすがに4日間連続の、かつ居眠りすることなく乗車旅を続けていれば無理もなかった。

札幌から(2箇所だけ特急を使った以外は)ほぼ鈍行で東京までやってきて、すれ違う列車の本数にある意味で新鮮味を覚える。
首都圏のつぎつぎとやってくる電車に慣れすぎてしまっているとそうは感じないが、地方からきたような人たちがこういうところにすごく違和感を感じるのってなんだかわかる気がするなぁ。むこうは、何時間も待ってやっと1本とかそのぐらいのレベルなのに、都会ときたらもう。。
並行する線路は2本どころか6本や10本もあるし、通勤ラッシュなんか最短で2分半もあれば次の電車がくるし、なんともまあ都会のスケールのデカさをまたしてもこういうところで痛感するわけである。

そんなことを思いながら、3日目に札幌を出て1日と15時間、ようやく上野に到着。今回の長旅が終わりを告げた。
低い地平ホームに到着した列車から降りた俺は、達成感に満ち溢れていて、しばらくその場を離れることができなかった。

今回、まだ純粋に旅だけをたのしんでいた頃に戻って、撮影機材も最小限に絞って出発。
使ったのは、6D+50㎜単焦点と保険で標準ズーム1本と、コンパクトデジカメぐらい。旅先でのスナップは基本的に50㎜単焦点のみをつかい、ひたすらアングルを探そうと、必死で足を動かしたりして撮影枚数を重ねた。

旅程も多少強引なところがあったが、遂行にあたって乗る列車の予定づくりには苦労した。
4日間という限られた中、ほぼ鈍行で北海道に行くという結構無謀なことをやろうと、昨年末は毎晩時刻表とにらめっこして、乗り継ぎがうまくいかないとものすごくイライラしていたり笑
結果、3日目の青森での時刻表読み間違え以外はスムーズに、かつ無駄なく移動できたと思う。

活動をはじめて10年たって、ようやく思い始める。
いまこそ初心に帰るべきだって。

という感じで、年末年始はすごしてました笑
そのあとは、しばらく体調くずしたり、しごと忙しかったりしてプライベートもままならぬ状態でした。

そんななか少し撮ったカットもあるので、できれば小出しにして出していきます。
長期間にわたりお付き合いいただきありがとうございました。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

突然の青春18ツアー 

_MG_0529.jpg
2015.12.20 JR高崎線・籠原駅


_MG_0537.jpg


_MG_0548.jpg
2015.12.20 JR高崎線・高崎駅



なにを思ったか、前日になって突如青春18きっぷでのツアーを思い出し企画した今回の旅。
ただ単に小海線を完乗したかったのと、SLレトロ碓氷に乗りたかったから、早朝の自宅を飛び出してった。

それにしても、高崎線とか久しぶりに乗ったなあ・・・
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

3.11 

_MG_1053.jpg
▲14.3.11 岡部~本庄間にて撮影
5781レ EH500-1[仙貨]+タキ*車+トキ*車。


時の流れって残酷だけど、時としてそれに感謝をしなきゃいけないときもある。
嫌なことを、時の流れに身を任せるようにしてわすれさることができるってことだ。

それは些細なことだろうが、自分にとってははやくわすれなきゃいけないこと。
自分の成長を妨げるもの、相手にとって足かせとなりかねんもの・・・いろんなことがあるけど、
やはり、この日だけは、どうしてもわすれるわけにはいかない。

自分にとっても、ほかの東日本エリアに住んでいるひとたちにとっても、重要なターニングポイントとなったこの日。
アレから4年がたとうとしても、やはりあのときの混乱の出来事だけは一生わすれない。

とくに今日もいつもと変わったことはしてないけど、、、とりあえず去年のこの日に撮っていたものを1枚。
最近、明け日でも撮るものがなくなってきているので、ブログのネタがだんだん尽きてきた。。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

上尾市民号 

今回投稿分より、画像のサイズがおおきくなってます。
どうぞ従来よりも大画面でおたのしみください。

_MG_7845.jpg
▲14.11.3 岡部~深谷間にて撮影
回9722レ EF64 1001[高]+旧客4車+EF64 37[高]。

_MG_7866_20141126180532361.jpg
▲14.11.3 上牧~水上間にて撮影
9723レ D51 498[高]+旧客4車。


両毛SLの裏で設定された団体列車「上尾市民号」。久しぶりに旧客プッシュプルが撮れるというので、気合入れて行ってきた。

EL区間は、スカッと晴れて申し分ない天気にめぐまれ、また懸念要素だった仙一さんのパンタグラフも全部抜けてくれたので、なかなかいい画になってくれてよかった。
俺の周りにいた同業さんは、みな両毛SLへ流れてしまっていたが、俺はこっちが本命。紅葉まっさかりの諏訪峡をゆくデゴイチを大俯瞰で調理。大満足の撮影であった。

・・・と淡々とした文で締めくくってしまう。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit