K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】すこし寂しげな津軽冬景色 

_MG_1470.jpg


_MG_1473.jpg
2016.1.2 JR津軽線・蟹田駅


_MG_1489.jpg
2016.1.2 JR津軽線・郷沢駅


_MG_1493.jpg
2016.1.2 JR津軽線・キハ40形車内


_MG_1499.jpg

2016.1.2 JR津軽線・青森駅



昨年の大みそか以来の蟹田で降りたが、外は雨が降っていて雪が溶けかかっていて、さらに積雪が少なくなっていた。
そんななか、三厩からくる普通列車に乗り換えて、一路青森を目指す。

郷沢で785系併結のスーパー白鳥とすれ違い、貴重な瞬間を目の当たりにしながら、夜のとばりが落ちてゆく大好きな津軽冬景色の車窓をスローシャッター&ボカしを利かせて何枚か切り取る。
この薄紫に染まってゆく真っ白な光景が好きなんです、初めて青森きたときから。

そして、無事に津軽半島を抜け青森市街へと着いた。

しかし、ここでハプニング発生。
乗り換えられると勘違いしていた列車が、青森到着目前にして行ってしまった。
どうやら時刻表を読み間違えたらしい・・・さてどうする?
スポンサーサイト
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】バイバイ北海道 

CIMG0645.jpg
2016.1.2 JR函館本線・キハ40形車内


_MG_1420.jpg
2016.1.2 JR函館本線・石谷駅


_MG_1455.jpg
2016.1.2 JR江差線・茂辺地駅


_MG_1460.jpg
2016.1.2 JR江差線・木古内駅


_MG_1464.jpg
2016.1.2 JR津軽線・蟹田駅



長万部からは、ひたすら鈍行での旅に戻る。

前日食べられなかった長万部駅名物駅弁のかにめしだが、三が日中ではあるが2日から注文を受け付けているとのことで、迷わずに注文してみる。北斗4号の到着時間から間もないタイミングだったので、ホントによかった。
そのほっかほかのかにめしを味わいながら、再び函館方面へ南下する。こんな旅なんてホント久しぶりすぎてなつかしささえ感じてくるくらいで、最近の乗り鉄活動はただ乗っているだけがメインだったなあなんて振り返っていた。

特急列車に何本抜かれたかわからないくらい抜かれ、五稜郭から江差線へ乗り換え、道中でたくさん携えたお土産を片手に、スーパー白鳥28号で北海道を後にした。
本州側で下車した蟹田では、北海道にいたときの余韻が少し残っており、短かった北海道での旅が走馬灯のように脳裏に蘇っていた。今回はぜんぜん観光地めぐりとかできなかったので、初夏のシーズンに絶対にきてやる・・・そう自分に誓って旅をつづけた。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】念願の地 

_MG_1319.jpg

2016.1.1 JR函館本線・札幌駅


_MG_1342.jpg
2016.1.1 北海道札幌市中央区・北海道庁旧本庁舎付近


_MG_1356.jpg


_MG_1360.jpg


IMG_4506.jpg

2016.1.1 北海道札幌市中央区・某宿泊地



函館を出て10時間半、ようやく念願の地札幌に着いた!
とりあえず、腹も減ってメシを食いたかったので、手当たり次第に駅周辺をうろうろしつづけるも、やはり正月なのでほとんどの店が早めのクローズか休業。またしても、コンビニでつまみを買いながら晩酌という形になったが、北海道名物のザンギが売られていたので即買い。これが大当たり♪

んで、泊まったホテルではプランにサッポロクラシックってご当地限定ビールがついてくるという特典つきで、札幌駅で買った北海道新幹線開業缶とセットで祝杯。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】Sカムイ/エアポート葬式 

_MG_1292_20160116221002ef9.jpg


_MG_1295.jpg


_MG_1298.jpg


_MG_1309.jpg
2016.1.1 JR千歳線(空港線)・新千歳空港駅


IMG_4504_20160116221630ddf.jpg

2016.1.1 JR千歳線・JR789系車内



新千歳空港で待ち伏せしていたのは、L特急スーパーカムイから快速エアポートに化けて新千歳空港まで乗り入れてくる系統のうちの快速エアポート193号である。
この系統は今年春のダイヤ改正で消滅するという情報があり、特急車両でありながら追加料金なし(指定席Uシート:310円)で乗れることから、札幌都市圏名物であった乗り得列車がひとつ消滅してしまうので、葬式してから札幌入りすることにした。

ところで、今回の旅では北海道に中国や韓国方面の観光客がうじゃうじゃいたが、なんかあったっけ?
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【2015~2016年(ほぼ)鈍行の旅】海を抜けて待望の・・・ 

_MG_1082.jpg
2015.12.31 JR津軽線・蟹田駅


_MG_1112_20160116110853ea0.jpg


_MG_1101.jpg


_MG_1105.jpg
2015.12.31 JR津軽海峡線・JR789系車内


_MG_1114.jpg
2015.12.31 JR津軽海峡線・木古内駅



蟹田からスーパー白鳥25号に乗車。
これに乗ると、木古内から函館行下り終車に間に合う計算になる。

そういえば、青函トンネル区間のいわゆる「青函特例」だが、俺が鉄活動をはじめてからまもない頃は「中小国~木古内間のみ乗車券のみで特急列車に乗車・・・」だった記憶があり、全特急列車の通過する津軽線・中小国駅からの乗車は無理。なので、この先の津軽線・津軽二股駅から津軽海峡線・津軽今別駅が徒歩数分で結ばれているので、そこからのアクセスができる!とは思ったが、特急の停車本数が圧倒的に少なすぎるということで、結局これまで鉄路での渡道をいくども避けていたしあきらめていたところではあった。
だが、今年は情勢が一変し、北海道新幹線開業準備で津軽今別駅が全営業列車通過扱いとなったので、「青函特例」の本州側の始点が蟹田からに緩和された(・・・と思う)。ぶっちゃけ、これは俺にとってチャンスだったんだと。

北海道鈍行で行くなら今シーズンっきゃねええ!!

まさにこれ一択だった。
気が付くと、鉄活動開始から10年が経っていて、四国はなかなかむずかしいにしろ、あれだけ時間があったにもかかわらず北海道へ行けてなかったのはいささか残念な気持ちであった。

でも、それが今シーズン、ようやくこの場でかなえてみせるという強い気持ちの中、鈍行列車と新幹線を巧みに使って、強引にではあるがなんとか青函トンネルを抜けようとしている。

そして、かつての「難所」であった津軽今別駅を通過し、いくつものトンネルをくぐりぬけたあと、またしても普通のトンネルをくぐる感じで青函トンネルへ突入。周りの車内の窓を見ると、すべてがトンネルの湿気で一気に真っ白になっていて、目の前の電光掲示板には「青函トンネルに入りました!!」の文字が出ていた。ようやく念願の北海道が目の前に近づいてきたんだなと実感がわいてきた。

列車は新幹線規格で作られた線形のいい道のりを時速140㎞/hで快走し、青函トンネルをわずか20分たらずで駆け抜けてしまう。いつしか信号場と化してしまっていた知内もあっという間に通過し、東京を出て15時間、ようやく待望の北海道初上陸となった。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit