FC2ブログ
01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

予土線にノスタルジーを求めて 

2020.1.1 JR予土線・土佐大正駅




2020.1.1 JR予土線・キハ54形車内



2020.1.1 JR予土線・若井駅



先日のInstagramの投稿で、今回の記事に必要な画像4枚がようやく揃ったので、並べて掲載したいと思います。
今年の正月に広島へ行ったついでに、四国を一周してきたときのカットなので、超今更ですけど笑

このとき、なぜ四国へ回ったのかと申しますと、2,020円でJR四国管内の普通列車と、特急列車の自由席が、有効期限当日限りで乗り放題という魔法のきっぷを事前に買ってしまったからでして、昨年の12月31日の夕方から今年の1月3日のお昼前に東京へ帰ってくるというスケジュールの中、広島・尾道観光と四国一周を掛け持ちしていくと、2日に分けて四国を堪能するのではなく、どうやっても1日で一周してしまわなければいけないなと感じたわけです。
はい、この地点で全く意味がわかりません笑

とはいっても、香川県の高松市街以外は自身初の四国。
右も左もわからぬまま、昨年末出発前までずっと予定を組んでいましたが、そのときに出会ったのがこの路線でした。

JR四国の中では、屈指の超赤字路線となっており、宇和島から若井、そして1駅先の土佐くろしお鉄道の窪川まで通しで走る列車も1日で数往復しかなく、いかにも地方の閑散とした空気感が漂っていました。
しかし、ここ近年沿線活性化のため、観光列車を相次いで登場させていたり、観光ガイドを充実させてみたりと、前向きな姿勢を見せていただいています。また、今回乗ったこのキハ54形も閑散期はただのディーゼルカーですが、シーズンが始まればトロッコ車両を連結させると、「しまんトロッコ」号として観光列車に早変わり。明光風靡な四万十川流域に沿って走る光景がオープンデッキのトロッコ車両の中から楽しめるというわけで、この日初めて乗ってみただけでもなんだか心が躍ってしまうっていう話なのです。

今回は列車に乗って、ただひたすら旅をするという目的で予土線へやってきましたが、また新緑の季節、もしくは夏場の最盛期の頃にお邪魔し、風景狙いで撮り鉄をしてもおもしろいかもしれませんね。季節が進むのが楽しみで仕方ありません。
スポンサーサイト



category: 旅記録

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: JR予土線  DC 
Posted on 2020/02/20 Thu. 22:51  edit  |  tb: 0   cm: 0  

紅葉の鳴子狭へ。 


2019.10.27 JR陸羽東線・鳴子温泉~中山平温泉



9月は忙しすぎて体調を壊してしまい、更新もままならない状態でした。
RAW画像の編集もめっちゃ溜まっているし、書くネタはいっぱいあるはずなのですが、如何せん追いついていません。

で、そんなさなかですが、つい先週末に鳴子へ湯治へ行って参りました。

目的は3つあって、このあいだ営業運転を開始したばかりの快速「海里」に乗車すること、温泉へ行くこと、そして仙台で牛たんを食べて帰ってくることでした。その「温泉に行くついでに、鳴子で紅葉が見ごろだったらいいな~」ぐらいのノリで、カメラを軽く担いで行ったら、これが見事な絶景でして、ちゃんと重装備で撮影に挑めばよかったなって後悔しています。

写真はというと、持参していたカメラのうち、OLYMPUS PEN-F + M.ZUIKO 25mm F1.8かSONY RX0 IIで迷ったのですが、前者をチョイス。列車の存在感よりも、岩肌が露出した荒々しい感じを表現したかったので、画面の中心の近くに持ってきました。「もうちょっと列車の存在感があってもいいかな」と、構図をやや中心に近づけるべく、 左へ数歩寄ってもよかったって思っています。
一方、全体の色づくりに関しては、いろいろと賛否両論あるとは思いますが、少しでもナチュラルに映るよう、工夫はしたつもりです。今年は全国的に気温が高い日が多く、一部紅葉していない木々もあったので、全体的に「紅葉真っ盛り」っていう感じではなかったのですが、WBのケルビン数を上げることで対処。また、色つぶれしないしないよう、彩度と色合いの調整をこまめにおこなっています。中井精也氏いわく「写真の色情報の整理」ですね。

GoPro HERO7 BLACKを頭につけて、動画も撮影してみたのですが、これも編集して、機会があればアップしたいと思います。

category: 鉄事情(その他JR)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: JR陸羽東線  DC  紅葉 
Posted on 2019/10/30 Wed. 23:32  edit  |  tb: 0   cm: 0  

2017年2月 

ED5A5409.jpg
2017.2.25 関東鉄道常総線・関東鉄道キハ5010形車内



2月は、どちらかというと比較的おとなしい月であったが、関東鉄道の新型キハ5010形のお披露目会に抽選で当選したのが印象的だったので、こちらをチョイス。
新車臭をたっぷり堪能し、水海道車両基地で嘗め回すように撮影できた他、それのついでに「ドラゴンボールのスタンプラリーを全駅制覇する!」とか息巻いて、たった2日間で首都圏の駅をすべて回ったのもなつかしいw

category: むかしの画像リメイク

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 関東鉄道  DC 
Posted on 2017/12/31 Sun. 08:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

帰りもACCUM 

IMG_4364.jpg


IMG_4381.jpg

2017.11.5 JR男鹿線・男鹿駅


IMG_4403.jpg
2017.11.5 JR男鹿線・JREV-E801系車内


IMG_4417.jpg


IMG_4421.jpg
2017.11.5 JR奥羽本線・秋田駅



そんなこんなで、男鹿駅に運よく間に合った俺は、望み通り男鹿線1136Mに始発駅から乗車。

これに乗り遅れると、乗り継ぎの新幹線に間に合わないため、これ以上の長居はできず。
悔いのないよう、たくさんのシャッターを切って、男鹿半島を後にした。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR奥羽本線  JR男鹿線  その他蓄電池車  DC 
Posted on 2017/11/25 Sat. 18:07  edit  |  tb: 0   cm: 0  

男鹿市内移動わず 

IMG_4282.jpg
2017.11.5 秋田県男鹿市・JR男鹿駅


IMG_4286.jpg
2017.11.5 秋田県男鹿市・男鹿海鮮市場


IMG_4293.jpg
2017.11.5 JR男鹿線・キハ48形車内



男鹿線1130Mを撮影したあと、沿線を少し散歩して、海鮮市場の海鮮丼を食らう。
いつだったかの正月のときみたいに、ウニいくら丼を食そうかとも考えたが、予算オーバーのため断念。

で、あたりが予報に反して晴れてきたので、少し期待しつつ船越水道へ向かう。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR男鹿線  DC 
Posted on 2017/11/25 Sat. 17:17  edit  |  tb: 0   cm: 0