K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

代々木上原~登戸間複々線化前夜 点描6 

ED5A0723.jpg
2018.2.11 小田急多摩線・栗平~五月台
1814レ JRE233系東マト18編成10車


ED5A0769.jpg


ED5A0735.jpg


IMG_1039.jpg
2018.2.11 小田急多摩線・新百合ヶ丘駅



千代田線系統が小田急多摩線乗り入れ運用撤退ということは、2016年3月のダイヤ改正より小田急への乗り入れに新たに加わったJR東日本・松戸車セのE233系も小田急多摩線から撤退する模様。

これまで、箱根からロマンスカーとこの千代田線直通を乗り継いで帰っていたこともしばしばあったが、実際撮ったのはこれが初めて。こういうときでないと、重い腰が上がらなくなるのが趣味者の悪い癖だが、JR常磐線内では見慣れたはずのこの車両も、小田急でいざ撮ってみると、違和感がどうしても抜けてくれないのである。

なお、今後は小田急小田原線の直通列車に徹する見通しで、乗り入れ区間も本厚木から、朝夜ラッシュ時に限り伊勢原まで拡大する。果たしてJR車でも運用があるのか、先のダイヤ改正が待ち遠しいところである。



いつものように、YouTubeの動画もちゃんとみてね!
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

都会の電車のイメージってこんなもん? 

_MG_6420_20180207234358cf7.jpg
2018.2.4 JR中央本線・大久保~新宿



このあいだの日曜は、深夜だったにもかかわらず、超望遠レンズを携えてカメラをブンブン振り回しながら撮影していました。

お目当てのE353系の特急「スーパーあずさ」36号は痛恨のミスをやらかして失敗しましたが、練習で撮っていた中央線のE233系がわりといい感じだったのでアップ。眠らない街新宿で得た1枚をハイキー&シャッター速度1/10で調理してみました。

都会の喧騒の中を走る電車って、きっとこんな感じかな?
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

某アトラクションのような世界観 

_MG_6294.jpg

2018.2.4 小田急小田原線・東北沢駅
1845レ JRE233系東マト12編成10車



先週末は、小田急・代々木上原~登戸駅間複々線化前夜の様子を観察しに行ってまいりました。
そこでずっと前から気になっていたアングルでワントライを狙いました。

それにしても、JR車を小田急線内で撮るのって、やっぱり違和感があるよな・・・
とはいいつつも、次回のダイヤ改正でJR車の唐木田入線がなくなるんだよな。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ムシムシ 

IMG_9895.jpg
2016.7.10 JR中央本線・東京駅



今日は暑かったねえ・・・
ソフトフィルタをつけて熱帯感を出してみたんだけど、どうだろうか。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

Happy Birthday, KEIYO LINE 

_MG_9873_20160312173554919.jpg


_MG_9884.jpg


_MG_9889.jpg


_MG_9890.jpg
2016.3.6 JR京葉線・新習志野駅



1986年3月3日に京葉線・西船橋~千葉みなと間が暫定開業して30年。
ここからわが京葉線の歴史ははじまった。

30周年というと、自身の年齢と偶然か同じ。
そのときは存在というものも知らず、物心ついたころに舞浜の某鼠園に行ったときに目に入ったときも、車両が青一色の車両だったということもあって「あっ京浜東北線ってここまで走ってるんだ!!」ぐらいにしか思わず、それがまさかわが京葉線との最初の出会いだったということは知る由もなかった。

それが、5年前まで沿線に住むようになって、京葉線抜きの生活は考えられにくくなった。
いまでもこうして時間をみつけて降臨することも多くなった。
今日、学生時代一番好きな光景だった荒川放水路の眺めをみて、毎朝この眺めを楽しめる沿線の人たちがうらやましくも思った。

30周年を経て、長年の懸念要素であった強風による運休も数を減らし、着実に進化をとげているわが京葉線。
そんな路線が末永く発展していきますようにと願をかけて、締めくくりたいと思う。

そして近い将来、京葉線の沿線に再び住まう日を夢見て・・・
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit