FC2ブログ
11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

光跡 


2019.8.10 JR北陸本線・丸岡~芦原温泉



8月もあっという間に駆け抜けていき、季節が変わって9月になりました。

そして、俺の生活もこんな感じでささっと消えていきました。
マジでクソ忙しかった。。
スポンサーサイト



category: 鉄事情(その他JR)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: JR北陸本線  その他交直流型電車 
Posted on 2019/09/14 Sat. 12:05  edit  |  tb: 0   cm: 0  

飛翔 


2019.8.10 JR北陸本線・芦原温泉~丸岡



またしても、特急「サンダーバード」の側面についているロゴのカットになります。
遠征した4日間、とても天気がよかったので、青空に映えるものを1枚撮りたかったのですが、選んだのはこれでした。

この飛翔していく感じ、そして夏空ブルーのグラデーション、どれを取ってもサイコーっす。

category: 鉄事情(その他JR)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: JR北陸本線  その他交直流型電車 
Posted on 2019/08/29 Thu. 20:26  edit  |  tb: 0   cm: 0  

国鉄型特急の面影 


2019.8.10 JR北陸本線・芦原温泉~丸岡



「ヨンダー」こと、683系4000番代の貫通型先頭車を見ていて、ふと感じることがありました。
特急「雷鳥」が廃止になって、485系が北陸の地から去っていても、この車両はどこかその面影があるなって。

近郊型電車もそうですが、中長距離を走る列車は、基本的に前方の見通しを考慮して、先頭車が高床の運転台になっていることが多いように感じます。その一例として、先代の特急「雷鳥」に使用されていた485系は、客室の屋根上についているクーラーの高さまで運転台を上げた、いわゆる「ゲンコツ型」といわれたスタイルが広く知られるようになっていました。
その485系は、独特な運転台形状を生かし、先頭車に貫通扉を設けることで分割併合運用に対応させた200番代車や、北海道向けに「おでこ」についているヘッドライトを2灯に強化し、視認性を高めた1500番代車といった、様々な派生形式が登場したことで、国鉄型特急としてのスタンダードの地位を確かなものにしておりました。
そして、後継の681・683系においても、分割併合を考慮した「ゲンコツ型」の先頭車が編成中に含まれるといったように、先人の知恵がそのまま現代の車両の設計にも息づいている気がします。

そんな現在の主力車両のフォルムを、夕日バックのシルエットにして調理してみました。
先頭部横の雲がうるさい気がしますが、なんとか日没あと数分前に撮れた奇跡のカットだったりします。

category: 鉄事情(その他JR)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: JR北陸本線  その他交直流型電車 
Posted on 2019/08/28 Wed. 21:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

嗚呼、日本海の名優・EF81 

_MG_1984_20160411225205a11.jpg
2011.1.2 JR北陸本線・敦賀~新疋田
4002レ EF81 108[敦]+24系9車



今回のダイヤ改正で、JR貨物からもEF81形の定期運用が消え、約半世紀にわたって名演を繰り広げてきた名優も、日常的に姿を見せることはなくなった。もはやすでに改正から2~3週間は経過しているが、EF81形が日本海縦貫線から消えたという事実を受け入れられない。

腐るほどいた富山機関区の泥だらけの更新機も、気がついたらみな門司へと活躍の場を移し、旅客会社の機関車も、夜行列車の衰退とともに姿を消し、いまやみられるのは事業用として残存している数機のほか以外ない。

学生時代をはじめ、JR貨物のローズピンク塗装の原色機を追っかけまわしていた頃や、日本海縦貫線の寝台特急がまだ安泰だった頃がとても贅沢なひとときだった。そんな中でも、寝台特急「日本海」は日本海縦貫線においても象徴的な列車だった。

category: むかしの画像リメイク

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: EL  JR北陸本線  客車  ブルートレイン 
Posted on 2016/04/11 Mon. 23:08  edit  |  tb: 0   cm: 0  

【2014年春の無計画ツアー】 快晴の北陸線を下る 

_MG_0046.jpg


昨日までの3日間が嘘かのように、見事に晴れ渡っていた日本海側。
気持ちのよい景色を眺めながら列車は次第に富山県から遠ざかっていく。

_MG_0049.jpg

_MG_0050.jpg


いつもはクルマで爆走していた北陸道から眺めていた日本海側の景色を眺めているうちに、この日の第1の目的地・糸魚川へ到着する。
・・・とはいっても、乗換で世話になっただけだが。

とにかく目的もなくやってきただけなので、駅前の観光案内所とかウロついて名物などを漁ってみると、ブラック焼きそばなるものが名物料理らしいので、それをたべていくことにする。

_MG_0052.jpg


・・・というわけで、今回訪れたのは焼肉居酒屋「まるちゃん」というお店。
名の通り、夜間は居酒屋として営業をしている傍らで、昼間は390円の格安ランチを出しているお店であるが、この店のブラック焼きそばがとにかく異色の存在である。

_MG_0054.jpg


最初は、アツアツの石焼ビビンバのような器に乗せられたイカ墨入りのそばをよくかきまぜて食していくのだが、〆というか別途でついてくる豚骨スープを混ぜると、「ブラックとんこつラーメン」としてもいただくことができる、まさに2役を演じきったこの店ならではのスペシャルメニューであった。
おいしくいただけました! また来ます!

そして、ここはいわずとして知られたフォッサマグナの町であるのだが、今回は乗換時間が1時間ちょいと中途半端だったので、また今度訪れることにする。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR北陸本線  その他交直流型電車 
Posted on 2014/04/30 Wed. 12:51  edit  |  tb: 0   cm: 0