FC2ブログ
03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

4線連絡片道乗車券で会津へ行った話 アフターエピソード 

DSC01655.jpg

2020.10.9 福島県会津若松市・ラーメン二郎会津若松駅前店


DSC01665.jpg

DSC01666.jpg

2020.10.9 JR東北本線・郡山駅


DSC01676.jpg

2020.10.9 JR水郡線・JRキハE130系車内


DSC01699.jpg

2020.10.9 JR水郡線・水戸駅



以前の記事はこちら(→その1、→その2、→その3、→その4、→その5、→その6、→その7、→その8、→その9)。

さすがに会津へ行ったっきりなのはアレなので、その後のお話になります。

その日のうちに帰宅する前に、2か所寄り道したかったところがありました。
一つ目は、ラーメン二郎会津若松駅前店。ここ近年、地方都市への出店がちらほら聞こえているラーメン二郎ですが、近年会津若松にも出店したという情報をTwitterのタイムラインで頂戴しておりました。そして、今回の旅の終着点である会津若松駅へやってきた記念として、ぜひ一度行ってみたかったところになります。千住大橋店みたいないわゆるデロ麺ではなく、わりとしっかりしている麺。あまりきつすぎない乳化系スープで、特に癖はなく、個人的には非常に食べやすかった印象。なお、訪問した時間も開店30分ぐらい前と、そこそこいいタイミングでしたので、それも今回の訪問の決め手となりました。そこからの帰宅がなかなかしんどかったけど

二つ目は、JR水郡線。会津若松駅から磐越西線で新津まで出て、そこから南下していくにも相当しんどい。とりあえず郡山駅へ出ますが、このまま東北本線を南下しても面白くないので、JR磐越東線かJR水郡線、はたまた小山からJR水戸線やJR両毛線という選択肢もありましたが、乗ったことない路線を乗ろうということでJR水郡線になりました。
乗車したのが金曜日ということもあって、学生さんたちが非常に多く乗車されておりましたが、途中の磐城石川や磐城棚倉までの利用者が多かった印象でした。そこから席をなんとか確保でき、GoToクーポンでゲットしたくるみゆべしを食べながら水戸駅を目指しました。ただ、途中不通区間の常陸大子~袋田間橋梁流出の存在を忘れていて、常陸大子駅から上小川駅までバス代行輸送を利用するという出来事もありましたが、なんとか今回の旅程を無事完遂できたことを誇りに思います。なお、バス代行輸送区間に関しては、また何かの機会に改めて乗車したいと思います。

4線連絡片道乗車券でゆく会津鉄道満喫旅 アフターツアー (2020.10.9)


普通郡山行 会津若松11:59→郡山13:11
普通常陸大子行 郡山13:46→常陸大子15:36
JR水郡線列車代行バス 常陸大子15:46→上小川16:06
普通水戸行 上小川16:11→上菅谷16:55
普通常陸太田行 上菅谷17:07→常陸太田17:21
普通水戸行 常陸太田18:15→水戸18:48
普通上野行 水戸19:40→松戸21:20

料金:6,380円(運賃のみ)


ただ、今回使ったきっぷだと、この旅程では全然元が取れておりません。そう、この話にも実はまだ続きがあります笑
その種明かしは次回するとして、今回の記事はこのへんで終わりにさせて頂きたいと思います。
スポンサーサイト



category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR東北本線  JR水郡線  DC 
Posted on 2020/12/07 Mon. 12:52  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Golden Road 

_MG_9326.jpg

2014.12.6 JR水郡線・常陸津田駅
9839レ C61 20[高]+12系4車



逆光に映えるすすきがきれいだったので、バズーカでメインに切り取って撮影。
陽炎で被写体がゆがみまくってますが、とりあえず雰囲気重視で。

category: 鉄事情(その他JR)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: JR水郡線  SL  客車 
Posted on 2014/12/06 Sat. 22:49  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ゆうマニの正しい使い方 

十数年前から、山手線205系の転配を契機に、主に配給車のブレーキ読み替え用の伴走車として、その存在感を示してきた水郡線営業所所属の“ゆうマニ”ことマニ50 2186。しかしながら、本来勝田車セの485系カツK30編成(リゾートエクスプレスゆう)の非電化区間入線のための伴走車として改造されたにもかかわらず、そういった光景でお目にかかれるチャンスが少なすぎるとして、近年あり方について、次第に問題視されつつ(?)あったが、今回水郡線へ入線するとのことでひとっ走りしていってきた。

_MG_8606.jpg
2014.11.16 JR水郡線・瓜連~常陸鴻巣
9834レ DE10 1697[宇]+マニ50 2186+JR485系水カツK30編成「リゾートエクスプレスゆう」6車




意外と沿線の草がぼーぼーすぎてくまったくまった。。
原画からここまでいじるのに時間かかったけど、大きく入れた青空をバックに走る編成を無事に収められてよかった←

なお、これを撮ってすぐさま常磐道ぶっ飛ばして、即座に職場へ向かうというエクストリームスポーツをやってのけたw

category: 鉄事情(その他JR)

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: JR水郡線  485・489系  JT  DL 
Posted on 2014/11/17 Mon. 17:20  edit  |  tb: 0   cm: 0