FC2ブログ

K's Blog

棒に振った13年目後半。14年目はしっかりやらせてください・・・

捨てる神ありゃ拾う神ある 

2014.4.12 箱根登山鉄道線・入生田駅



本日、情報解禁。
たまたま応募してみた「タムロン鉄道風景Instagramコンテスト2019」に入賞いたしまして、それの結果発表がありました。

タムロン社の公式ブログの記事(こちら→ リンク)にも小生の作品が掲載されておりますが、審査員の杉山慧氏の話によれば、「投稿された作品点数は9,737点」まで到達したとのことで、大変な盛況っぷりだったよう。
なおコンテストはInstagramで「#タム鉄フォトコン」のハッシュタグをつけることによってタイムラインにアップすれば投稿完了と、至って簡単に応募できました。また、先のハッシュタグを閲覧することで、リアルタイムにて投稿点数が確認できたほか、その投稿に対して「いいね!」やシェアができたりと、今までにない形での開催で、投稿している俺自身もいい刺激をもらえたし、非常におもしろかったです。
それにしても、ハッシュタグを開いたら、人気の投稿の頁に自分の投稿作品が一向に映らないし、フォロワーの数の割には「いいね!」が非常に少ないし、「どうせ受からないだろう」って半信半疑で応募してみた結果が、まさかの結果となりました。

それに、この作品自体が5年前の箱根登山鉄道3000形A1編成の甲種輸送で撮った1コマであるが、このときのブログ記事(こちら→ リンク)にも載せていないような、どうしようもなさそうなカットを掘り起こして、最新の画像編集ソフトでレタッチを施して投稿したものが、こうして賞を取ることができたっていうのも不思議な話で。明らかに、昔と今の自分の趣向が変わってきていることの証左かもしれませんね。

まさにタイトルのように、「捨てる神ありゃ拾う神ある」ってことなんだろうか。
いやぁ、過去も捨てたもんじゃないですね!
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

夏空 


2019.8.4 京成押上線・四ツ木~八広



あっという間に8月になってしまいまして。
結局、箱根のあじさいシーズンが終わると、被写体に困って何も撮らないというジンクスは変わらず仕舞いでした。

さて、ようやく梅雨も明けたことだし、また今年も夏休みの宿題を完成させようかなと思います。
自分でひとつのテーマを決め、それに向かってプラン練っていくのって、最近なんかやめられなくってね。

それが形になったときが、とにかく最高なんすよ。
人に喜んでもらえるような写真をどうやったら撮れるかなって、あと1週間足らず、自問自答してみますよ。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

京成3100形3152編成 搬入完了 


2019.7.26 総合車両製作所横浜事業所専用鉄道・総合車両製作所横浜事業所~金沢八景




昨日のしごとがあまりにも早く終わったので、逗子の手前までちょいと遠足に行って参りました。

24日から3夜連続で搬入作業が行われまして、初日は上野方の先頭車を含む3152-6~8号車、2日目は3152-3~5号車、そして最終日は成田空港方の先頭車を含む3152-1~2号車が、3600形3668編成の牽引によりそれぞれ回送され、都営浅草線を経て宗吾車両基地へ到着しました。

昨日は、OLYMPUS PEN-Fを用いて、動画をメインに撮影しましたので、まとめてYouTubeにアップしてみました。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

京成3100形 第一陣登場 


2019.7.24 京成押上線・四ツ木~立石



かねてから総合車両製作所横浜事業所内での目撃情報があがっていた京成成田スカイアクセス線の新型車両3100形が、昨日夜な夜な回送されてきたとのことで、しごと終わりに撮ってきました。

そもそもこの新型車両、2019年の京成電鉄事業方針において導入が明らかにされていたもので、この3152編成を含む8連16両が登場するのに加え、今年秋からの営業運転開始が事前にアナウンスされています。前面、側面の行き先表示器を大型化したほか、制御装置にSiC素子VVVFインバーターが採用されるなど、15年ぶりの新型車両として、従来の主力車両の京成3000形から大幅に刷新された外観となりました。車内も、インバウンド需要を見据え、座席の一部を折りたたみ式としたスーツケース置き場が設けられるなど、来年に迫る2020年東京オリンピックをも視野に入れた設計が取り入れられました。

ただし、この車両導入に伴うアクセス特急などの増発は名言されていません。
単純に既存の京成3000形7次車を置き換えとなると、この車両を含め、今後何らかしらの動きが予測されます。

いずれにせよ、今年の秋が待ち遠しいことに変わりはありません。
早く自走する姿を拝んでみたいものです。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

モハ103-107号 最終章 


2019.6.29 箱根登山鉄道線・彫刻の森駅


2019.6.22 箱根登山鉄道線・箱根湯本~塔ノ沢



2019.6.15 箱根登山鉄道線・塔ノ沢駅



2019.6.15 箱根登山鉄道線・大平台駅



2019.6.22 箱根登山鉄道線・出山信号場~大平台


2019.6.15 箱根登山鉄道線・塔ノ沢駅



今年もあっという間に半年が過ぎ、暦上ではいよいよ夏本番っていったところ。
また今シーズンも、箱根登山鉄道のあじさいを求め、3週にわたって山籠もりをしておりました。

特に、今回の目玉だったのがこのモハ103-107号の引退だったと思います。
側面の特別装飾にもあるとおり、今月の19日の特別運行を最後に引退するとしており、箱根登山鉄道では最後となった吊りかけ駆動の車両ということもあって、今年はより注目を浴びているといった感じでしょうか。

2014年からこの撮影行をはじめて早5年、今年でこの吊りかけ車のうなりが聞こえなくなると思うとなんだか感慨深いです・・・
あともう1週行こうか迷っているところですが、いずれにせよ何事もなく、最後までしっかり走りきってほしいですね。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit