K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

息抜き撮影モノ 

こんにちは。相変わらず(ryなイワです。
卒論提出が残り3週間をきったくせに、まったくすすまなくて相変わらず困惑中です。

今日は息抜き程度で撮ったものをいくつかピックアップ。
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

お召し列車&収穫云々 

こんにちは。相変わらず(ryなイワです。
卒論提出まで1ヶ月を切り、またまた困惑している毎日です。

そんななかですが、天皇陛下が土浦駅までお召し列車にご乗車になられるとの情報を聞きつけ、ちょっと気分転換がてら行ってまいりました。

IMG_9022.jpg
▲08.11.12 新松戸にて撮影
お召9001M E655系「和」としては初のお召し列車充当となった。


約半月ぶりにカメラを構えましたが、直前でSIGMA 70-300mmのピントリングが緩み、甘ピンで死亡(笑)
やっぱり腕は落ちたなぁ・・・(´・ω・`)

とはいえ、この菊の御紋が拝められただけでも結構ですよ。
こういうものを間近でみると、なんだか歴史を感じるなって思いませんかい?

日本国建国以前より天皇の象徴として使われてきたこの御紋、それが現在にまで受け継がれているっていうのを実感できると、先代の輝かしき功績を残した人たちの恩恵というものに感謝したくなるんですよ。

そう、歴史はすべてがつながっているんです。

そんなことを撮ったあと感じながら、卒論に励む次第です(^^ゞ
そして、以下は音鉄として収録したもの一覧。

●08.11.11収録
JR205系ケヨM9編成 モハ205-5018 1618E 新浦安→舞浜








●08.11.12収録
JRE231系マト135編成 モハE230-129 1188H 松戸→北千住







東武10000系11631F モハ13631 932レ 鐘ヶ淵→東向島







東急5000系5108F デハ5608 B1130K 住吉→清澄白河






今日は 

20081112000154
ポッキーの日~♪

なんとか日付が変わる前には食いたい…

最近録ったもの放出 

こんばんは。相変わらず 多忙なイワです。
ここ最近は“撮り鉄”よりも“録り鉄”のほうに感化されてしまった感がありまする。

やはり、通学中でも手軽に使えるってのはいいもんですよね~
カメラみたいにかさばらないし、移動の最中に記録できるからタイムロスにもならないし。

っつーわけで、ここ1ヶ月弱で記録したものを再々度にわたって放出♪


●08.10.31収録
東急2000系2001F デハ2201 032-192レ 三軒茶屋→池尻大橋







メトロ02系(収録車両不明 ※VVVF車) B2007 新宿三丁目→新宿御苑前







JR205系ケヨ26編成 モハ204-9 2195Y 越中島→潮見








●08.11.8収録
東武50050系51054F モハ59054 062-212レ 三軒茶屋→池尻大橋







メトロ10000系10117F モハ10817 B2139S 月島→豊洲







JR201系ケヨ71編成 モハ201-12 2362Y 蘇我→千葉みなと








●08.11.9収録
JR205系ケヨ10編成 モハ205-317 1406Y 市川塩浜→新浦安







JR205系ケヨ24編成 モハ204-3 2353Y 市川塩浜→二俣新町









10/31と11/8は学校帰り、11/9はバイトの行き帰りに収録したものです。
これだけでも十分記録できるんですねー

あとは京急のドレミインバータ車にわがE331系の音を記録しておなかいっぱいにしたいw

京葉線向けのE233系 

こんばんは。今日のお昼からゼミの発表があるというのに、なかなか仕上がらなくて困惑中のイワです。
だいたい頭のなかでは構想があるくせして、それが文にできないとか、、いままで京葉線情報局で極力文を書こうとしていたのにもかかわらず、なにをしているのだろうかと。。

わたくし、大学で日本史を専攻させていただいているのですが、当初は受験勉強で日本史をやっていたときに、当時の某T予備校で大変お世話になった先生にその教科の醍醐味というものを教わり、非常に興味をもったのがきっかけでした。ある意味で一種の“歴史の謎解きゲーム”をしているような感覚で、“歴史はすべてがつながっている”っていうフレーズはいまでも印象に残っています。

しかし、実際に“歴史の門”をたたいて入ってみると、あるひとつの出来事を立証するのにいくつかの史料をもってこないといけないという“鉄の掟”がありました。具体的には、「徳川慶喜が大政奉還するにあたって意図したことはなんだ?」ってことになると、その史料を片っ端から捜索して、その捜索した史料をしっかりと読み解いて論を築き上げていくというものを積み重ねたうえで文を構築していくわけですよ。でも、自分の結論を導き出すことにたいしてその史料が「至って抽象的すぎる」とか「自分目線で書きすぎ」とかいう、持ってきた史料が趣旨にマッチングしていないかなと思われた場合にはゼミのメンツからダメだしを食らうわけですし、担当の先生からもきつい一言を浴びさせられるわけですよ。。これが本当に怖い怖い・・・

けれど、そこでつかむのは挑戦し続ける心です。本気でやってみて、それでダメだったならば、その先生からのフォローに素直に対応すりゃいい。そういうことをなかなかしようとはしなかった昔の私にとって、もっとも必要なものだったのかもしれませぬ。





と、最近前置きが長くなっていきますが、以下本題へ。
-- 続きを読む --

ケヨ3 

こんにちは。相変わらず 多忙なイワです。
ここ最近はカメラすら構えることができず、少々困惑した状態です・・・

しかーーーーーし! いまの私にはICレコーダーがある!!

コレさえあれば、移動の最中でも気分転換になる!
っつーわけで、最近は“音鉄”に走りっぱなしですw

●08.11.3収録
JR205系ケヨ3編成 モハ204-299モハ204-298 2313Y 新習志野→海浜幕張









この編成、高速域のうなりがいい音出してます♪ 乗り鉄にはオススメの編成です。
しかも、この時期なので風調ゼロ、日曜のバイト帰りの深夜帯なので話し声も少なかったし、いまんとこ自信作です。


さて、某永田町の図書館へ突撃してきますか・・・