K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

惜別岳南貨物 その1 

来年3月のダイヤ改正において、静岡県富士市の岳南鉄道・比奈駅から発着する貨物列車が全廃されるとの話が持ち上がっている。この貨物列車は同駅付近に立地している日本大昭和板紙吉永工場にて製造される紙製品の輸送が中心であったが、1969年に貨物輸送量が最高値をマークしたのを境に年々減少をつづけてゆき、ついに先日JR貨物より貨物輸送休止の通告を受けてしまうということに至ってしまった。
以下、静岡新聞記事(http://www.at-s.com/news/detail/100080340.html)より抜粋。

 岳南鉄道(富士市)が行っている貨物輸送が来年3月末で休止見通しとなっていることが、2日までに分かった。休止すればそのまま廃止となる見込みが大きい。貨物輸送は運輸収入の柱だったため同社経営への影響は大きく、旅客輸送への波及も懸念されている。
 岳南鉄道は富士市比奈の日本大昭和板紙吉永工場が扱う貨物を吉原駅でJR貨物に引き継ぐ「連絡運輸」を行っている。ところが、岳南鉄道関係者によると、JR貨物から昨年、来春以降の連絡運輸を休止する通告があり、その後も方針は変更されていない。関係者は「現状では休止は避けられない」と話す。
 貨物輸送は岳南鉄道の運輸収入の4分の1を占めるという。旅客や貨物の減少から、同社の鉄道事業収益は採算ラインを割る状態が続き、不動産事業収益などで補填(ほてん)してきた。沿線事業所に鉄道利用を呼び掛けて乗客増に取り組んだほか、再生計画も検討中だが、関係者は「公共交通機関として営業努力をしてきたが、限界に来ている」と深刻さを指摘する。
 岳南鉄道沿線には学校も多く、朝夕には通学の児童生徒が利用する。富士市は「今月開催する公共交通協議会で実態を詳しく聞き、対応を検討したい」(都市整備部)と話している。



今回の件は誠に残念である。鉄道貨物協会がCO2削減へとのことで、貨物輸送のモーダルシフトを唱えている中で、車扱貨物輸送がなぜ次々とトラック輸送へと移行していってしまうのか、いささか疑問点が残る。
ただ、いずれにせよ最後まで残存していたワム80000形を使用した紙製品を輸送する車扱貨物が全廃となり、同様に東海道線系統の3461~3460レも来年3月改正をもって廃止となる公算が高い。

そもそも、なぜ俺自身がこの岳南鉄道の貨物輸送にこだわるのか。
以前Youtubeをあさっていたときに、同鉄道の入換シーンの動画があって、それに夢中になっていったのがきっかけだった。




他ではなかなかお目にかかれない貨車の突放シーンが観察できるというのが一番の醍醐味で、入換作業迅速化および効率化が狙いと思われる。機関車が貨車を推進しながら移動、切り離す貨車がポイントをわたりきったところで連結器を切り離し、惰性の力で貨車を動かして手ブレーキで停めることで、貨車の入換をおこなうという手法に深く感動を味わったのである。
なお、自身が岳南鉄道に通いはじめたのは2009年春からのこと。ドライブが趣味化してきてからの話で、静岡へドライブにいくついでによく足を運んでいた時期があった。

そのなかで記録してきたものをふまえて、今後不定期でアップしていきたいと思う。
スポンサーサイト
-- 続きを読む --

【ケヨK4+54編成 再現への道】その4 

最近はほしい部品が在庫切れとかで売っていなく、多少行き詰まり感が拭えなくなってきた。




とりあえず、スカートの塗装と車輪の黒染化をば。

フッッッジさん その2 

フッジッサ━━/^o^\━━ン!

_MG_0990.jpg


今日も一日快晴みたいな予報だったので、またまたフッジッサ━━/^o^\━━ン!を拝みにドライブドライブ~
-- 続きを読む --

たまには気分を変えて その3 

眠いから、わがiPhoneのアプリより更新。




3連続で東京ミッドタウンきたw

ミッドタウン正面からひとつ奥に入ったところよりSS:1/4で撮影。街路樹に張り巡らされた白色LEDと背景に写るボルクスワーゲン六本木の建物が色鮮やかに輝いていた。とくに後者は、店内がピンクを基調に電飾が施されており、なかでも異端を放っていた。

ところで、なんでいきなり六本木にこようなんて思ったって? けやき坂通りに行こうと思ったけど、そのときはけやき坂通りでやっているとは知らず、ウロウロしていたらここについた・・・ってことっす。ちゃんと下調べぐらいしていきましょう。
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

たまには気分を変えて その2 

モテないサンタさんから本日3件目の記事をプレゼントだー

_MG_0858.jpg

_MG_0862.jpg

_MG_0870.jpg

_MG_0875.jpg


今回もふたたび東京ミッドタウンより特設会場の様子をうp。あたり一面が幻想的な空気につつみこまれる演出に、思わず感動してしまった。2006年より5年連続で実施しているスターライトガーデンというイベントなのだが、今回たまたま六本木で降りて歩いていたら見つけて知った。まだまだ俺も世界が狭いのう。

このイベントのために、周辺道路は大変な混雑っぷりで、ミッドタウン周辺では道路の通行規制までおこなわれた模様。さすがに、夕刻の混雑が見込まれる都内までクルマでこようとは思わないだろうとは思っていたが、意外な人出だったのでびっくり。この日は、小田急MSE10両を順光で、またイルミネーションめぐりができて、ホントにたのしめた1日だった。
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

今年度の終夜臨 

ここ最近仕事で、再び京葉線を使う機会が増えたのだが、、、

IMG_0970.jpg
▲08.1.1 市川塩浜にて撮影
9764M? 205系ケヨM23編成8車。


どうやら今年度はコレがなく、東京~西船橋間の電車はすべて武蔵野快速になるそうで。いきなりなんでやねん。さらに、西船橋~府中本町間の終夜運転もおこなわない・・・と。まぁこれはどうでもいいけど、節電節電といわれているぐらいだからしょうがないか。

というわけで、惜別・・・となるのかどうかしらんが、終夜臨(or輸送障害時)限定の武蔵野車による各駅停車東京行を。4年前に青森へ日帰り旅行へ行く前に撮ったものだが、このときにちゃんと記録しといてよかったー

【ケヨK4+54編成 再現への道】その3 

今日は休みで天気もよかったにもかかわらず、家で模型イジイジ。



まず手はじめに、スカートをKATO製205系用のものに交換し、デザインナイフでちまちまと加工。ただ、これは互いのスカートが違っていたので、ケヨK4編成へそのまま移植。今日じゅうに先頭車4両分が完成。




あとは、昨日まで手つかずだった走行可能仕様への改造を終わらせ、とりあえずケヨK4編成を組成してみる。土休日の653Mの成東入線手前みたいなかんじにしてみた(?)




そして、ある程度軽度の加工は済んだので、今度は屋根上の手すりを取り付け開始。既存の手すり溝を削り、そのうえから0.3mmの穴を開けてTAVASAのパーツを挿入。意外とパーツがモロくて取り付けに四苦八苦。ケヨ54編成側6両が終わったところで終了。

【ケヨK4+54編成 再現への道】その2 

1をすっぽかして、いきなりその2へ。

今日は仕事帰りにアキバへ寄り、必要部品を調達。十数点購入し帰宅したあと、先頭車を小改造だけして終わり。




さて、いったいどこが変わったでしょう。

鉄コレ 201系ケヨK4+54編成 

iPhoneのアプリからの更新テストも兼ねて記事を作成してみる。

今日、かねてより予約していたトミーテックの鉄道コレクションの201系ケヨK4+54編成がついに発売とのことで、アキバへ行って購入してきた。




これがセットAのパッケージ。ロケ地的に検見川浜の上りアングルによく似ているが、ケヨK4編成先頭でこのアングルは一生かかっても撮れない




つづいて、セットBをば。架線柱の地点で(ry

まぁ、、とりあえず中身をw




まずは、6号車に組み込まれていたクハ201-104を取り出してみる。現役時代よりも若干色が濃いようにも見える。
実車が総武線からの転属で、黄色の上から青を塗ったせいか、他のスカイブルーの車体よりも多少色が明るめだったのが特徴だった。これは要再塗装ですな。




つづいて、付属のステッカーをば。モデル車が晩年のケヨK4+54編成であるため、6月につけられたシール式のヘッドマークがついてきている。コイツはあとで気が向いたらで。

そんでもって、早速イジイジ。




6号車のクハ201-104。電連付のTNカプラーに換装し、屋根上にアンテナ類を取り付け。なお、これにあたって、TNカプラーが既存のスカートに干渉してしまうため、一部を切除のうえ使用。




あとは、1号車のクハ200-104。こちらも施工内容は同様。ただ、カプラーが電連なしのものになって・・・って、スカートが切り欠きありのタイプがついてるやーん(´・ω・`) これもどうにかせんと。

あとは、夜遅いんでまたこんど。

たまには気分を変えて 

_MG_0792.jpg


ゆっくり~と 12月のあかりがともりはじめ~♪
あわただ~しくおどる街を 誰もが好きになる~♪


というわけで、今冬も無事にやってくれました>街角のイルミネーション
例の震災で節電節電といわれているなかだけど、また今回も話題性のある街並みがそろっています。

とりあえず1発目は3年ぶりに下車した六本木から、東京ミッドタウン正面のストリートをば。
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

Multi Super Express 

_MG_0599.jpg
▲11.12.18 和泉多摩川にて撮影
421レ 小田急60000形60252F+60051F10車。


今日またも小田急へ突撃し、あさぎr・・・ゲフンゲフン、、「メトロはこね」を撮ってきた。
たしか、多摩線内で乗務員訓練をやっているときに撮って以来で、実に3年ぶりのご対面である。6連側の60252Fは早くも重検を済ませていたような感じで、もうこんな月日がたってしまったのかと思うばかりである。

で・・・だが、昨日あたりに小田急やJR東海から公式プレスがあったように、来年3月のダイヤ改正よりこの60000形が「あさぎり」の運用にも充当されるみたいなのだ。最初自身は目が点になるほどにまで驚いたが、この記事を書いている途中に少々ググってみたら、コイツのデビュー当初よりJR東海の次世代制御システムであるATS-PTを装備していたらしく、仮にこの情報が事実であるならば、あらかじめこのようなことを想定に入れたうえで落成されたものと思われる。
これにともない、60000形は6連および4連各1本が増備されるとの情報(ソース→こちらのPDFファイル)があり、どうやらこれが「あさぎり」の運用持ち替え用として登場する模様。また、この運用持ち替え後の「あさぎり」は停車駅変更のうえ、相模大野まで「えのしま」と併結運転をおこなう予定となっており、4連の60000形が一部の「えのしま」にも充当されるということにもつながっていく。なるほど、これでMulti=万能ということか。まさにMSE様々だ。

一方、JR東海・371系と共に「あさぎり」に充当される小田急20000形も21年目をもってお役御免となってしまい、以前3000形SSEで小田急による片乗り入れしていた頃の運行形態に戻ってしまうことになる。俺はMSEもとい新車マンセー厨だからカンケーないけど
流線型側が御殿場~足柄の定番撮影地で撮れないのはくやしいが、ダイヤ改正直後にぜひ記録に残したい列車の1つになりそうだ。

伊豆箱根1100系 引退へ 

_MG_0423.jpg
▲11.12.10 三島二日町~大場間にて撮影
53レ 伊豆箱根1100系1009F3車。


コレを撮影がてら、ちょっくら行ってみた。

伊豆箱根鉄道では、2012年6月の1100系引退にあわせてさまざまなイベントを企画しているが、それの一環として、種車である西武701系がもともと纏っていた赤とベージュのツートンカラーを再現。本年7月より掲出されているヘッドマークを掲げ、伊豆箱根鉄道駿豆線での活躍ラスト1年を華やかに飾っている。

そもそもこの1100系、駿豆線内の冷房化率向上のために西武より譲りうけたものだが、車齢の都合からか後継の1300系(元・西武新101系)による置き換えが進行し、3本中2本が2009年の上半期でいずれも廃車となっている。
そして、1100系の第1編成であるこの1009Fが最後まで残存した車両となり、他の2編成が廃車となったにもかかわらず、既存車両にまぎれて活躍を続けていたが、あえなく来年初夏に廃車となるということで残念な限りである。

_MG_5331.jpg
▲09.8.24 大場~三島二日町間にて撮影
72レ 同上。


なお、この塗装での運行は本年10月下旬をもって終了しており、すでに見納めとなってしまっている。2年前、頻繁に静岡へ足を運んだあと、帰りがけに修善寺発着の踊り子を狙っている際、運よく1100系がやってきたのだが、記録しておいてホントよかった。

ところで、古きからの西武(鉄道)ファンから言わせれば、「赤色がだいぶ濃い」という意見もちらほらあるようだが、西武はよくわからんどす。ついさっきGoogleの画像検索で西武701系の画像をみたばっかの俺から言わせれば、車体下部の赤の部分がやけに幅を取りすぎかなっていう印象もあるけども。

皆既月食 

日常・・・っていうわけでもないけど、どのジャンルに分類したらいいのかわからんのでこっちにうpしてみる。

というわけで、ついさっきまで実家の2Fベランダで天体観測してきやしたw
その様子をとりあえずまとめてみようと思ふ。

_MG_0458.jpg


2011年12月10日20:31頃、部分月食手前の様子。
東京都葛飾区上空は薄雲に覆われていたため、空は朧月状態に。

なお、この状態を表現するために、SS:1/4、F8.0、ISO500とかわけのわからん数値で撮ってみるw フツーの数値で撮ってしまうと、この薄雲がはっきり出てこないからね。

_MG_0465.jpg


20:55頃、ようやく薄雲が去ってゆき、満月がはっきりとみえる状態にまで回復。
SS:1/125、F8.0、ISO100で多少アンダー気味に撮影。

_MG_0478.jpg


21:52頃、ようやく月の一部分が欠けはじめた。部分月食の始まりだ。
闇夜を明るく照らす満月がじわり×2とわいてきて~♪(「ZERO」 by B'z)・・・じゃなくて、次第に闇へと蝕まれてゆき・・・

_MG_0487.jpg


22:47頃には、すでに三日月状態にまで闇に飲まれてしまった。
ニコ動を見すぎて、定期的な観測がおろそかになってしまったのはここだけのはなし

_MG_0502.jpg


そして、23:11頃から次第に暗闇の部分に埋もれていた月が赤く色づきはじめ、全体の8割方が真っ赤に。
以降30分以上にわたって、一時的に月が赤色に染まっていた。なんだかとても幻想的。

_MG_0519.jpg


あとは、周辺の星もきれいだった。
厨房の頃、なかなか探せなかったオリオン座までもがはっきりとみえるくらいだったし、一時はどうなるかと思った天気が持ち直してくれてホントによかった。
thread: 写真 | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

フッッッジさん 

フッジッサ━━/^o^\━━ン!

_MG_0436.jpg


・・・というわけで、天気もよかったので久しぶりに沼津方面へドライブドライブ~
-- 続きを読む --

371系 「あさぎり」から撤退へ 

_MG_0307.jpg
▲11.12.8 町田にて撮影
0406M 371系シスX1編成7車。


先々月、静岡新聞での報道があったように、静岡車両区所属371系シスX1編成が来年の3月をもって特急「あさぎり」の運用から外れるとのことで、シグマ本社へ訪問の帰りがけに拝んできた。

そもそもこの371系、1991年に当時「あさぎり」に使用されていた小田急の3000形「SSE」が老朽化を迎えるにあたって誕生した形式となる。また、これと同時期に小田急では20000形「RSE」がお目見えしており、現在では前者が2・3・6・7号、後者が1・4・5・8号に充当されている。
なお、371系の運用範囲はこれだけではとどまらない。夕刻の「あさぎり」7号で沼津へ下ったあと、そこから東海道を一気に下って浜松へ向かうホームライナーの運用が控えている。そして、浜松まで1時間半かけて走りきると、折り返し静岡までホームライナーとして再度客扱い。ここでようやく所属先へ帰区・・・という運用が組まれていた。

俺自身も静岡はよくドライブしにいくほうなのだが、東京~沼津間が約120km、沼津~浜松間が約100kmとした場合、1日トータルの走行距離は少なくとも650kmは走っている計算となる。さらに御殿場線内の急勾配も災いしてか、運用開始から21年目をもってして本来の用途である「あさぎり」の運用から離脱ということになる。こりゃ老朽化も相当激しく進行するだろうな。

ただ、この情報に関しては、乗り入れ先の小田急電鉄はおろかJR東海からも公式的な発表がないというのもひとつ気になる点ではある。このことを受けて、「あさぎり」の運用が半減ということになるのか、はたまたRSEをフル稼働させてまでしても4往復の運用を維持していくのか注目していきたいところではある。
-- 続きを読む --

1819F 野田線へ初入線 

またまた私鉄ネタ。もうJRツマンネ。

_MG_0119.jpg
▲11.12.4 春日部~藤の牛島間にて撮影
臨回5871A 1800系1819F6車。


どうやら今年で野田線が100周年とのことで、「2011 東武ファンフェスタ」の開催にあわせたツアー客向けの団体列車兼記念列車を運行。これによって、1800系列が野田線へ初入線となった。これは東武初心者の俺としては、意外だったようにも思えた。

運行経路が柏→大宮→春日部→南栗橋ということで、何回か方転するので、いちかばちかで送り込み回送を撮影。運よく柏寄りにもヘッドマークがついていたもんで助かった。それにしても、1819Fでここの撮影地に約80人集結とか何事・・・?

_MG_0181.jpg


つづけて、ヘッドマークのアップをば。しっかりとしたデザインにまとまっていると思う。ただ、乗務員室助手席側に掲げられていた「大宮・2011 東武ファンフェスタ」のサボは、パッと見では内容がイマイチ理解できないw

というわけで、前回秋の臨時快速で撮影して以来で、奇跡的に晴れカットで撮影できたんでよかったっす。来年1発目はGW? それとも、正月になんかあるのかな?