K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

近所の植木 

_MG_9495.jpg


家を出発すると外は雨があがり、最悪のコンディションは避けられた。
こんどは雨粒が残る近所の植木を思わず撮ってみる。

開放値付近でみられる玉ボケという現象を狙ってみたのだが、思いのほか難しい。
修行だ、修行。
スポンサーサイト
thread: 写真 | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

 

_MG_9479.jpg


雨がサッと降り始めた休みの日、とてつもない空虚感に蝕まれていた。
思わずそれを払拭しようと、俺は数年前に1万弱で買ったEF50mm F1.8 IIを取り出し、自宅のベランダにかかっていたすだれに向かってカメラを向けてみる。

すだれについた滴の透明感を引き立たせるように露出を調整し、絞りを開放値まで開き、何枚か切ってみる。
単焦点が持つ研ぎ澄まされたボケ味と描写力によって、神秘感を強調した思い通りの画になった。

やべぇ、50mm単焦点おもしろすぎんぜw

そう思い、急に雨の中の街へとかけだしていった。
thread: 写真 | janre: 趣味・実用 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

久留里線向けキハE130系登場 

なにをいまさらだが。

_MG_8278_20120919083605.jpg
▲12.8.29 小千谷~越後川口間にて撮影
配9774レ EF64 1031[長岡]+キハE130系100番代3車。


久留里線に唯一残存するキハ30形およびキハ37・38形の刺客がついにやってきた。2012年8月下旬に新潟トランシスで落成。新津まで甲種輸送されたあと、羽越線内で試運転をおこない、同月29日に配給輸送というかたちで幕張車セ木更津派出へと到着している。

同車はかねてよりJR東日本・千葉支社のプレス(こちら)で発表されていたデザインとは異なり、窓枠部分に水色とJR東日本のコーポレートカラーである緑色を配置したかたちとなっている。その他、水郡線向け0番代との外観上の相違点としては、一見するとスカート部分の塗りわけぐらいで、それ以外に関しては公式の情報が待たれるばかりである。

また、同車は配給輸送後、9月14日に内房線内で性能確認試験をおこなっている。今回の試運転は単行でおこなわれたのが特筆できるが、今回導入されるキハE130系は在来車とは連結器の形状が異なっているため、DE10形による幕張車セへの車輪削正配給がもしかしたら自走になると予想される。こちらは今後の動向が気になる。

同車は乗務員訓練が完了次第、営業運転に投入するという話だが、初期の段階ではほぼ間違いなく独立した運用が組まれ、順次在来車の淘汰がはじまっていくと予想する。2012年度中には置き換えが完了する予定で、国鉄気動車の牙城であった久留里線においても、タブレット閉塞廃止、新型車両導入とまさに大きく変わろうとしている。

「雅」 

ようやくマトモな画像が撮れたので掲載。

_MG_9064.jpg

_MG_9084.jpg

_MG_9093.jpg


以前取り上げた「粋」と、基本的に1日おきの交互でライトアップがおこなわれる「雅」。個人的には、割りと好き嫌いが大きくわかれるとは思うのだが、実際に目の当たりにすると非常にきれいで、このライトアップの意味合いがもつ日本の「雅」をよく象徴できていると思う。
ただ問題は、下半分の紫色が北半分にしか照射されていないということであり、スカイツリーよりも南に位置している永代橋や清洲橋などのコラボレーションなんかは、「雅」ということを思うようにアピールできなさそうなのが難点だと思う。

それをふまえて、今回はじめて桜橋コラボを狙ってみたのだが、紫のLEDが割りとあたっていていい感じだった。ホントなら、もう少し北上したところにお立ち台みたいなところがあって、そこから撮ればもっときれいにうつるんだろうけど、今回はあえて妥協したw またの機会にでも。

そうそう、オークションでこのあいだ超広角レンズを落札したので、こんどはだいぶ近接して狙ってみようかな。

ほくほく線・美佐島駅 

_MG_8363.jpg


先月の29日に、十日町までフィットくんを走らせた際、ついでにここへ寄ることができたので、小一時間ほどスナップしてきた。
-- 続きを読む --

2020年オリンピック 東京招致PRライトアップ 

前回の記事とは正反対のスカイツリー。

_MG_8908.jpg

_MG_8909.jpg

_MG_8905.jpg

_MG_8906.jpg

_MG_8907.jpg


去る2012年9月7日、翌年のこの日に決まる2020年に開催される予定のオリンピックの開催地が東京でおこなわれることを祈念し、一夜限りでスカイツリーの特別ライトアップが施された。




今回光り方がかなり特殊だったので動画を撮ってみたのだが、試験点灯でもみられないほどのかつてないアグレッシブなスカイツリーとなった。
各所で今回の特別ライトアップの様子が写真や動画などで報告されているが、俺はスカイツリーのライトアップがほぼ全体にいきわたっている様子を強調したかったので、芯の部分の光が消えた一瞬を狙い、シャッターを3秒強で切ってみたところ、5色のうち赤の発色がやや弱めだったのだが、そのほかはとてもあざやかに写ってくれた。ただ、これもまた公式サイトとのイメージが違っていたんだが、いい意味で違ってくれたので、今後みられるかどうかわからないライトアップに感動し150枚弱ほどシャッターを切っていた。

それにしても、ここのLED照明はほんとにすごいなって思う。このサイトをみると、いつもの雅、粋などのほかにさまざまな発光パターンで試験点灯がおこなわれていた様子がアップされている。2020年のオリンピックが東京で開催されることが決定した暁には、ぜひともこれらのライトアップを15分置きで実現させてほしいけど、はたして夢はかなうかな?

防災の日 2012 

わりと最近おとなしい俺のブログ(

_MG_8523.jpg


というわけで、以前にもあったようななかったような2012年の防災の日特別仕様のライトアップ。大正の関東大震災で被災した人たちを追悼するかのように、展望台付近にのみ白色LED照射と、ずいぶんとおとなしめな印象をもっている。
ただ、東京スカイツリーの公式サイトに載っていたライトアップイメージには、芯の部分に白色の単発LEDが散りばめられているような感じだったのが、実際にはそれがなかったので、非常に残念。

_MG_8524.jpg


そんなこともあってか、ちょいと望遠を利かせて頂上付近を中心に目をいかせながら撮ってみたのだが、ちょうどてっぺんに薄い雲が覆いかぶさり、白い光が反射して幻想的な1枚になった。

しかしながら、このあとはみなさまも予想できるように、まさかのゲリラ豪雨の餌食となり、危うくカメラをまた1台オシャカにするところでしたとさ。。

東武8000系8111F 動態保存へ 

_MG_8460.jpg
2012.8.30 東武野田線・七里~岩槻
****レ 東武8000系8111F6車


_MG_8497.jpg

2012.8.30 東武伊勢崎線・とうきょうスカイツリー~浅草
****レ 同上




数ヶ月前まで、東武8000系としては最後まで未更新顔のまま東上線で活躍していた8111Fが、南栗橋車両管区で数ヶ月間にわたって整備がおこなわれたのち、このたび東武博物館所有車両という異色の形態ながら動態保存されることとなった。今回、その動態保存記念の第1弾として、野田線の大宮から東京スカイツリーへ見学するツアー客用の団体列車に充当され、早速とうきょうスカイツリー駅への入線を果たした。しょっぱななにやらかすかと思ったら、やっぱりコレだったよ

とりわけ個人的には一番アツかったのは、なんといってもスカイツリーとのコラボレーションだと思う。本系列の浅草口撤退は2009年度末で、まだその頃はスカイツリーの完成系をみることなく(亀戸線で拝めるかもしれんが)運用が消滅してしまっている。だから、今回の団臨はなんとしてもここで撮らねばならぬという確固たる意思があった。

一応あしたをもって、この類の団臨は運行を終了するが、次回以降どのような企画で同編成が使われていくのかが非常に興味深いところではある。

風っこ烏山 

_MG_7874.jpg
▲12.8.26 宝積寺~下野花岡間にて撮影(トリミング済)
9329D キハ40 1003+キハ48形改びゅうコースター「風っこ」+キハ40 1007。


なんだか去年もこれと同じ組み合わせで走った気がするんだが、そもそもコレ狙いで栃木の北部までフィットくんを走らせたわけじゃないのが実状であるw

_MG_7855.jpg
▲12.8.26 矢板~片岡間にて撮影
2レ EF510-513[田]+24系12車。


当初の狙いは、矢板~片岡で北斗星を撮ることだったんだが、近くにいた同業の仲間同士の話で、烏山線で ま た 風っこが走るっていうのを小耳にはさんだので、行きかけの駄賃ということで帰る前に寄っていくことにしたのだった。
そろそろいい加減に烏山色のキハ40を撮らせてくれとは思ったのだが、本気を出して撮ったつもりが全部曇られて玉砕という顛末をみた。そして、結局撮れたのは去年とほぼまったく同じ編成を同じ撮影で撮っただけという。またしっかりと期日決めて狙わねば・・・