K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

ゲートブリッジ 

_MG_4359.jpg


年明け以降、ホンッッット撮るもんがなくなってきたので、ついに禁断のゲートブリッジにも手を出してしまった。

下には大型船舶、上には羽田空港へ着陸する飛行機の通り道ということもあって、奇怪な形をしたこの「恐竜橋」。飛行機の通過する道筋を入れてもよかった気がするが、構図によっては平面っぽく見えてしまうので、ちょいと工夫が必要かも。
スポンサーサイト
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ひびちょく 

_MG_4465.jpg
▲13.1.29 自由が丘~田園調布間にて撮影
52-131レ メトロ03系03 108F8車。

_MG_3084.jpg
▲12.12.9 都立大学にて撮影
82-141レ 東急1000系1004F8車。


あと1ヵ月半後で、この日比谷線直通系統が東横線から姿を消すこととなる。
西行きの列車はすべて中目黒止まりとなり、まもなく見納めになるであろうメトロ03系の菊名幕と東横線を走る18m級車である1000系の記録を中心におこなっていきたいところだが、実際はそんなに熱が入らず、もうおなかいっぱいだったりするw

_MG_3113.jpg
▲12.12.9 自由が丘にて撮影
82-152レ 同上。


あとは忘れてはいけない東急1000系の北千住幕と日比谷線直通幕をば。
南千住行ってのも撮れるらしいけど、そこまでホンキ出して撮るようなもんじゃないって思ってるので、あとはテキトーにあしらって見送ってしまおう。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

みどりの山手線 50周年号 

_MG_4270.jpg
▲13.1.23 巣鴨~大塚間にて撮影
1222G E231系トウ545編成11車。


1963年にウグイス一色の103系が投入され、以降山手線のラインカラーとして定着したのだが、それから50年が経過したことを記念し、東京総合車セ所属E231系トウ545編成に対して、ウグイス一色の車体ラッピングをほどこした車両が運行を開始している。
また、前面には103系山手線撤退時の惜別ヘッドマークを模したものが貼付されているほか、側面の各種車体表記も国鉄時代の書体に変更され、当時の103系を思わせる大胆なラッピング車となっている。

_MG_4162.jpg

_MG_4282.jpg

_MG_4284.jpg


なお、運行終了はことしの12月までということなので、約1年間は走る予定。
前回のチョコ電は1枚も撮れなかったので、今回は気合を入れて録り続けるつもり。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

SIGMA 150-500mm F5-6.3 APO DG OS試写 



前々からほしがっていた超望遠系レンズ。突如クレカ3回払いで買ってしまったので、水曜の夜勤前に試し撮りしにいってみた。

_MG_4116.jpg
2013.1.23 京成成田空港線・松飛台駅
8AE05 京成AE形AE*編成8車



描写はシグマらしくシャープ。ボケ味もそこそこに感じたので、思わず購入に踏み切った感じ。
何よりも手振れ補正があるのがうれしいところで、とっさのときの手持ち撮影や飛行機や野鳥などの動く被写体に対して効果を発揮すると思う。

_MG_4348.jpg

2013.1.23 JR山手線・西日暮里駅
1422G JRE231系東トウ545編成11車



でも、できればやっぱりこういうカットを量産していきたい。テレコン1.4xをかまして、もうちょい奥で撮れば、編成後部も若干強調できたかもしれないけど、それでもまぁ許容範囲。

やはり望遠側のテレ端に近づくにつれて画質が悪化していくが、同じシグマの70-300mmほどでもなく、全体的にシャープさは保っている。なかなかいいレンズ・・・とはいえ、重過ぎるので、使う機会が非常に限られるのだがな。。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

浅草地下街 

_MG_4020.jpg



東武浅草駅前にある古びた階段を下りてゆくと・・・

_MG_4021.jpg
2013.1.12 東京都台東区・浅草駅地下街



ゴミゴミしてて殺伐とした地下の商店街の中に、地元の人たちの集いがそこにはあった。
thread: モノクロ | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

モノトーンな世界 

_MG_4001.jpg


_MG_4007.jpg


_MG_4009.jpg

2013.1.12 東京都台東区・浅草駅周辺



このとき初めてモノクロ写真にチャレンジしてみたけど、フルカラーのものとはまた違ったむずかしさがあった。
後者の感覚で夜景を撮っていると、被写体が真っ黒になってしまうので、適宜明るさを調整しながら適性に保ち、手探りのなかで一昔前の下町繁華街を映し出してみた。

古い街並みと新しい街並みが融合した浅草という街。
モノクロ写真を撮るのであればもってこいかもしれん。
thread: モノクロ | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

新にゃか 

_MG_3995.jpg

2013.1.12 東京都台東区・浅草駅周辺



多くの人通りでにぎわう新にゃかこと新仲見世。浅草駅エキミセ側から撮ってみる。

浅草は俺が小学校の頃からよく連れて行ってもらってたところだけど、こんな「新」の看板なんてあったっけかな?まぁでも、下町の人々が持つ人情の力強さが伝わってくるからいいんだけど。
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

浅草EKIMISE 

_MG_3967.jpg
2013.1.12 東京都台東区・浅草駅周辺



昨年の11月にリニューアルオープンした東武浅草駅のEKIMISE。
1931(昭和6)年に関東初の大型百貨店併設のターミナルビルとして開業した当初の姿に復元され、街並みがよりいっそうレトロな繁華街的な要素を増した。

4~7Fがファッションや雑貨をはじめとして、さまざまなジャンルのモノを扱っているほか、屋上の展望ブースからはスカイツリーが撮影できるとのことで、今後ちょこちょこ足を運んでみたいところのひとつである。

今回はクローズの時間をまちがえたのでまたこんど
thread: 街の風景 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

新年スタイル 

_MG_3925.jpg

_MG_3929.jpg


昨年の年末に引き続き、再びやってきたスカイアリーナ。
クリスマス限定ライトアップは終わったものの、周辺のイルミネーションはまだ続いており、新年を迎えたスカイツリーを華やかに飾っている。

また、スカイツリーの入口にも振袖姿のソラカラちゃんが登場。
イベント自体も3が日ぐらいしかやらないんじゃないかって思ったけど、撮影した12日にも看板が残っており、無事なんとか記録としては残すことができた。

_MG_3937.jpg


ついでに、アリーナのベンチに座りながら、頂上見上げアングルで何枚か撮影。
曇りの日に狙ってみたいけど、はたしていつになることやら。

横浜線205系 

_MG_3869.jpg
▲13.1.12 成瀬~長津田間にて撮影
1212K 205系クラH17編成8車。


ケヨ23編成の記録がまだだと思って横浜線沿線へ。
結果的にただのロケハンで終わってしまったが、だいたい路線の地形などがわかってきたような気がした。

E233系による置き換え前に、こちらも精力的に攻め続けなければ。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

See you, AOMORI! 

CIMG0403.jpg

青森駅近辺での撮影に夢中で、本来乗るはずだったスーパー白鳥40号に危うく乗り遅れそうになりながらも、ドアが閉まる前になんとか間に合った。

帰りのはやて40号の時間までまだたっぷりあるが、ひとつ先の新青森のエキナカで太宰ラーメンを食す。
去年もいただいたのだが、若竹とわかめ、そして煮干じょっぱり風味がたまらない一品で、今年もまた食べたくなった。

CIMG0404.jpg


しかしながら、あまりのんびりしている場合ではなかったので、味わうヒマもなくそそくさと店を後にする。
そして、帰りの新幹線のデッキで、「See you, again」の発車メロディに見送られ、すこし感極まってしまいながらも、青森の地を去ってゆく。

また来年も会いましょう、青森の地で。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

雪灯り 

この旅の〆は青森駅前のイルミネーション。

_MG_3783.jpg

_MG_3791.jpg

_MG_3794.jpg

_MG_3811.jpg

_MG_3828.jpg

_MG_3839_20130117184841.jpg


今年の正月はとにかく寒くて過酷な旅だった。
そんな日々の出来事がフラッシュバックされてよみがえってくる。

この日のはやて40号で帰るまで、惜しむことなくじっくりとじっくりと撮影を楽しんだ。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

いかりがせき 

_MG_3691.jpg


臨時の日本海を撮ったあと、特に何もすることがなかったので、碇ヶ関駅から徒歩5分ぐらいのところに道の駅・いかりがせきがあるというので、ここに立ち寄ってみる。

CIMG0399.jpg


とりあえず、地元産の肉をつかった煮込みハンバーグ定食を平らげ・・・

_MG_3711.jpg


入湯料だけで200円という破格の温泉につかり・・・

_MG_3724.jpg


復元した関所の見学をしたりしてヒマつぶし。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

陣場駅 

CIMG0387.jpg


このとき以来の来訪となったJR奥羽本線・陣場駅。
臨時の日本海を撮りに、宿泊先の弘前から約5年ぶりに下車してみた。

駅舎において、正面の駅名表記が変わっていたり、横スライド式の扉に交換されていたりと、細かいところで変化があったが、それ以外はあのときの面影をほとんど残しつつあった。

CIMG0395.jpg

CIMG0397.jpg


そして、ホームへ入ると、壁際にはびっしりと出来上がったツララの群生がずらり。
当時の気温はマイナス8度。自然が醸し出す美しさを目の当たりにしたのだった。

ためしに一部分をポキッと折ってみると、意外にぶっ太くておどろいた。
ここまで見事なツララは、生まれてはじめてみることができた。
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

臨時日本海 

_MG_3688.jpg
▲13.1.5 白沢~陣場間にて撮影
9003レ EF81 107[敦]+24系7車。

_MG_3780.jpg
▲13.1.5 青森~新青森間にて撮影
9004レ 同上。


昨年まさかの旅先での寝坊で撮れなかった東北の日本海冬景色をようやく収めることができた。

定期便の頃より編成が短くなってイマイチ迫力が・・・とかいっているみなさん、工夫次第でなんとかなりまっせ! これで、去年の借りを返すことができた。

それにしても、今冬の運転で日本海およびきたぐにの予定臨が最後っていう話があるみたいんだけど、ホントなのかねぇ。JR東の新潟支社労組がホームページで暴露してるんだが・・・
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ひさしぶりの音鉄 

大館から679Mに乗り、701系機器更新車の音録りをしながら北上する。

●13.1.4収録
JR701系アキN11編成 クモハ701-11 679M 陣場→津軽湯の沢









で、向かった先は・・・

_MG_3624.jpg

_MG_3632.jpg


またも弘前でした笑
ついでだったので、発車メロディの津軽じょんがら節の音も録ってきました♪

●13.1.4収録
弘前駅発車メロディ







thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ふたたび秋田県へ 

_MG_3590.jpg


津軽鉄道訪問後はなにか目的があるわけでもなく、黒石→弘前と雪道ドライブをたのしんで、再び矢立峠を越え、秋田県内へ戻って大館までレンタカーを返しにきた。
たぶん俺のフィットくんと同い年ぐらいのかわいいフィットくん。Gタイプ、CVTのFパッケージ車で、性能も同じだったので、今年もまたストレスを感じさせずにドライブすることができた。また会おうね、バイバイ。

CIMG0366.jpg

_MG_3600.jpg


というわけで、ここから再び青森県内へ戻ります()
だって、越境するとレンタカーの料金が高くなるんだもーん
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ストーブ列車 

_MG_3556.jpg
▲13.1.4 金木にて撮影
154レ DD35 1+津軽21形1車+オハフ33 1+オハ46 2。


とりあえず、なにも考えずに津軽中里行の下り列車に乗っかった俺は、金木でストーブ列車と交換するので、折り返して乗車を試みる。

列車内に入ると、1車両につきストーブが2基設置されていて、鉄製のバケツに用意されている燃料の石炭を適宜入れていくという仕組みになっている。

_MG_3558.jpg


これが例のダルマストーブ。鋳物でつくりあげられた本体から煙突が屋根までのび、そこが排気口となって燃えた空気を放出されている。さらに1983年に旧国鉄から譲渡された旧客ということもあって、とてもノスタルジックでなかなかオツなもんである。とにかくガンガン焚かれたストーブのおかげで、車内は思った以上にあたたかい。

_MG_3579.jpg

_MG_3582.jpg


ついでに、石炭を入れるところとするめを焼いてもらっているところを撮らせてもらった。
わずか30分足らずの乗車時間ではあったが、十分満足させてもらった。また来ます!
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

津軽五所川原 

青森ツアー3日目の朝、津軽線で北海道方面の特急列車を撮影しようとするが、予想外の吹雪で断念し、あきらめて五所川原市内へレンタカーを走らせた。

_MG_3530.jpg


この日の移動の目的は津軽鉄道を訪問すること。本来効率よく動けるようにとレンタカーを前日に借りたにもかかわらず、ほとんどが天候不良により中止となってしまい、予想外の活動をおこなったがために、まさかレンタカーでここにくることになろうとは。
本来であれば、沿線で撮影したかったのだが。。

_MG_3538.jpg

_MG_3539.jpg


駅舎に入ると、右手前にストーブが1台。その周りを囲むようにベンチが3台。
一方、左手にはきっぷの販売窓口、奥には駅の売店がたっている。なお、この売店には沿線にある五所川原農林高校の作物などが販売されており、沿線の活性化に一役買っている。あとは、ストーブ列車の石炭1袋とか、それをモチーフにした食品とか云々。

過去にテレビで紹介されていたことがあったが、ストーブ列車がやはりここの目玉らしい。
これを乗らずして帰るわけにはいかない。時間的に途中の金木まで乗って折り返せば、すぐにストーブ列車に乗れるので、とりあえずそこまでの往復券を買って乗ることにした。

_MG_3552.jpg


そして、列車の到着が案内され、列車に乗ろうとホームへ向かうと、目の前は昨日よりもはるかに激しさを増している猛吹雪の銀世界が待ち受けていた。

_MG_3553.jpg


そんななか、列車にこびりついた雪を払っている駅員の姿があった。
こういった超悪天候のなかでも列車を運行させようと必死になっているところをみていると、なんだか心が動かされる。その甲斐もあって、列車は無事にほぼ定刻で津軽五所川原駅を後にしていったのだった。
thread: 駅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

一気に青森へ 

鷹ノ巣駅で臨時寝台を2本見送ったあと、途中の大館のローソンでメシを食い、一気に北上を試みる。

_MG_3477.jpg

_MG_3504.jpg


路面が完全に凍っていた矢立峠を越え、碇ヶ関ICから東北道に乗っかって、青森市内を目指すことに。
前日から降り続いていた大雪が吹雪に変わり、視界がまたも悪くなるアクシデントもあったが、無事に青森駅に到着した。
ここで、はまなすを狙い撃つことにしたのだが・・・

_MG_3493.jpg


なんと、増結があってホーム先端まで行っても撮れなかったため、あえなく撃沈。というか、いつのまにかホーム先端にあった柵が内側へと寄せられてて、撮ろうにも撮れなかったのだ。

とりあえず、テキトーにスナップして退散。
実に幸先悪いスタートとなった。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

臨時寝台2本 

_MG_3455.jpg
▲13.1.3 鷹ノ巣にて撮影
9004レ EF81 108[敦]+24系7車。

_MG_3475.jpg
▲13.1.3 鷹ノ巣にて撮影
9082M 583系アキN-1+N-2編成6車。


日中の猛烈な地吹雪による遅れを引きずりながらも、無事に東能代に到着し、すぐさまレンタカーを借りて移動開始。
列車の時刻が定時であれば、鷹ノ巣が妥当という判断で、当初予定していていた大館をあきらめて立ち寄ることにする。

列車自体の遅れは日中ほどではなかったものの、遅れに遅れまくっていた特急つがるの列車交換待ちなどに時間をとられて、10~15分程度の遅れが発生していた。
だが、なによりもうれしかったのが同業の数。以前の目撃情報によれば、白沢~陣場に100名とか高崎駅に軽く50名とか、まるでこの日をもって引退していく寝台列車を見送っていくかのようであったが、思った以上に少なかったので、寒さよりもなんとか撮れたことの安堵感のほうが強かった。

そして、なによりもわくわくドリーム幕の上から重ね貼りしたあのヘッドマークが見事に隠れてくれたのでよかったよかった
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

地吹雪 

土崎で降りたあと、結局なにをするでもなく、グダグダと奥羽本線沿線を途中下車しまくり、だいたい通過30分前ぐらいに現地入りした。

移動中の列車内からもわかっていたが、前日からの強風により地吹雪が度々発生しており、列車の運行にも影響が出るくらいに視界が悪くなっていた。

ただ、正午を過ぎたあたりから風と弱まりを感じたので、一か八かで大久保~羽後飯塚のストレートの撮影地にやってきた。








しかしながら、通過直前になって再び地吹雪が発生し、日本海側から猛烈で凍てつくような横殴りの風が襲いかかってくる。
じわりじわりと体温を奪い、右頬には氷が張り付いてきた。まるで、雪山で遭難しかけた登山者のような錯覚を覚えた。




結局、通過時も健闘むなしく、なんとか前面がわかるくらいにしか視界が回復しなかった。
このあけぼの82号のヘッドマークがわくわくドリームのヤツの重ね貼りなので、光で透けてみえるとダサいと思い、3日の送り込みにすべてを賭けていたのに、こんな不始末とは。。目の前がまっしろというのは、まさにこういうことを指すんだなと初めて思った。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

土崎駅 

CIMG0351.jpg


母親の実家の最寄り駅である土崎駅。駅の印象ががらりと変わったと思ったら、去年の秋頃にリニューアルされたらしい。いつのまに・・・

20070101112534.jpg


↑がリニューアル前の駅舎。
幼い頃からなじみがあった駅舎だったので、今回の駅舎改装はちょっと残念に思う。




目的の列車の通過までまだまだたっぷりと時間があり、このまま母親の実家まで寄ろうか迷いに迷ったけど、結局エキナカのそば屋でうどんを食べて、とりあえず北へ北へと足を進めることにする。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

秋田駅 

CIMG0325.jpg

CIMG0326.jpg

CIMG0327.jpg

CIMG0329.jpg

CIMG0330.jpg

CIMG0331.jpg

CIMG0332.jpg

CIMG0333.jpg


こまち41号で秋田入りした翌朝、とりあえずあけぼの82号の送り込み回送を撮るべくして、駅の改札口をくぐる。ここでも多数のオブジェがお出迎え。

今年秋のディスティネーションキャンペーンを控えているのかしらないけど、2009年正月に比べ、オブジェの数が倍増しているw なまはげのお面×2にSLの1/5スケールモデル×2など諸々。
このなかでも、今年3月改正で営業運転を開始するE6系を模したダイヤブロックのモデルにはぶったまげた。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

旅立ち 

CIMG0316.jpg

CIMG0318.jpg


大宮駅の新幹線改札コンコース前にて、かまくらとE5系+E6系のオブジェが目の前に現れた。

これからの旅に期待を膨らませながら、最終のこまち41号で旅立つ。
thread: 旅の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

【今更京葉線209系作成】サハ209-500 塗装剥離完了 




IPA漬けにして、はや2週間。
ようやく塗装剥離が完了した・・・というか、金属ブラシで無理矢理削ったカタチで塗装を落とした。

ボディが削れてしまわぬか心配だったが、そこまででもなかったのでモウマンタイ。
あとはサーフェイサー吹いとけば大丈夫だべ。

Happy New Year, 2013! 

_MG_3386.jpg
_MG_3384.jpg
_MG_3382.jpg
_MG_3385.jpg
_MG_3378.jpg


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨日まで仕事で、記事が遅くなりました。

年越しはというと、仕事あがりで行こうか迷ったが、スカイツリーの新年限定ライティングを見に行くことに。
11月中旬や9月中旬にもおなじライティングがおこなわれているが、そういえば白鬚橋とのコラボが狙えていないっていうことで汐入公園付近で撮影してみる。

というわけで、2012年の撮り納めも2013年の撮り初めも見事にスカイツリーとなってしまいましたw
どうか本年もよろしくお願い申し上げます。