FC2ブログ
02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

見る目 


2020.3.20 JR東北本線・JRE531系車内



JR東日本初?のいわゆる「中編成ワンマン」運転が始まったJR東北本線・黒磯~新白河間。運転席上部に取り付けられた乗降監視モニターを注視して安全確認をおこなっている様子が新鮮でした。まだ実用が始まったばかりなのか、ひとつひとつの動作がとても慎重だった様子で、特に安全確認に時間をかけて運転をおこなっておりました。

思えば、このようなワンマン運転スタイルは10数年前に開業した仙台空港アクセス線で、最大4両編成(※6両編成が多客期に実在していたそうで。誤報でした汗)のワンマン運転がおこなわれており、従前からのミラーで乗降確認をおこなうのではなく、駅に備え付けられたカメラにアクセスすることで、今回の監視カメラでおこなうスタイルと同等の効果を得られるものでした。しかし、これは新線だからこその設備であり、駅などにおける設備投資の兼ね合いもあると思います。
これら諸々の課題を加味した結果、このような車両面のみの改造でとどめたほうがコストパフォーマンスが良好と判断されたのでしょうか。非常に興味深いと感じております。
スポンサーサイト



category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR東北本線  その他交直流型電車 
Posted on 2020/03/28 Sat. 20:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

9年ぶりの全線復旧の常磐線を訪ねて 3 

5368245358e340dc9103355ccd3bf86e.jpeg


b751c56fd2f54bf090c64e1597d4db46.jpeg


7fb93a01bff0493aa4d88f1dbf57af89.jpeg
2020.3.20 JR東北本線・黒磯駅


561f3d261b23432bb35e33d8a06d696d.jpeg


8c4cf216887442a8a089bd31378a4ec1.jpeg
2020.3.20 JR東北本線・JRE531系車内



黒磯駅前のカフェで小一時間休憩して、仙台へ向けて旅を続けます。

上野駅からのサードランナーは、黒磯~新白河間を往復しているE531系3000番代です。
実際この区間では、以前から営業運転を開始しており、一見すると従来と同じような光景にも見えますが、各車両車端部に乗降確認用の監視カメラが追設されているほか、運転席にドア開閉スイッチのモジュールなどが追加になったことで、乗務員訓練を経て先日のダイヤ改正よりワンマン運転が開始された模様です。
これにより、日中の閑散時において使用されていた磐越東線のキハ110系列が運用を撤退し、全列車がこのE531系3000番代で統一され、JR東日本としては初?の5両編成のいわゆる「中編成ワンマン」運転が始まりました(※厳密には、仙台空港アクセス線直通列車で既に最大6両のワンマン運転が行われていましたが、それ以外だと初になりますね。誤解だけ与えないよう)。

今回、これの様子を観察するためにあえて在来線経由でのルートを選択したわけですが、今回のE531系でのワンマン運転開始を皮切りに、同じ車種が使われている水戸線のみならず、4両編成の電車が行きかう八高・川越線といった郊外線区、さらには房総半島の末端区間においても、今後このような形のワンマン運転が検討されているとのことです。
目的が、将来の労働人口減少に伴う備えだとは聞きますが、今後の車両動向などに影響が出てくるのかが気になるところです。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR東北本線  その他交直流型電車 
Posted on 2020/03/28 Sat. 20:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

9年ぶりの全線復旧の常磐線を訪ねて 2 

9e589be7fceb4002aba3c662fc08f745.jpeg


588885577f4d467ba327223c34f6fbe3.jpeg
2020.3.20 JR東北本線・宇都宮駅


9e488af30cab4a3b87b78a4b0dc105e7.jpeg
2020.3.20 JR東北本線・黒磯駅


eea94d9253a94ad7a97843f01cd7c56f.jpeg


5b584e40146a4a83821d4deb3180a2e1.jpeg
2020.3.20 栃木県那須塩原市・iris bread & coffe



実際、この日は春の嵐が東日本のほぼ全域で吹き荒れていて、上野から乗っていた宇都宮線の電車も、強風による風規制の影響受けて少々遅延しておりました。そのため、宇都宮駅で接続予定だった黒磯行の電車も乗り換えがあわただしい感じになると思ったので、1本後ろの電車に乗って、ひたすら自分のペースで旅を続けることにしました。
結果、黒磯駅からの新白河行にうまく接続ができなかったものの、駅前で素敵なカフェを見つけてゆっくりすることで、時間をつぶすことができました。

カフェの店内外を見渡してやると、あちこちで卒業旅行やら女子旅をしている最中の若い方々が多かったのが印象的で、それに合った客層向けの店舗を増やそうとしているのか、駅前の再開発が始まっている様子でした。以前から幾度となく乗り換えなどでお世話になっている黒磯駅で、駅前というとヨークベニマルぐらいしかないというイメージでしかありませんでしたが、少しいい発見をしました。

そして、カフェの窓際の席に腰を掛け、強風で乱れに乱れまくっている東北新幹線を眺めながら、今後の行く末を考えておりました。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR東北本線  205系 
Posted on 2020/03/28 Sat. 11:55  edit  |  tb: 0   cm: 0