FC2ブログ
04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

トワイライトエクスプレス瑞風と遭遇す 

IMG_5936.jpg


IMG_5939.jpg
2018.10.7 JR山陰本線・三保三隅駅



あえてこの時間をチョイスした理由がこれ。乗っている列車が三保三隅駅で運転停車している87系寝台気動車「トワイライトエクスプレス瑞風」とすれ違うとのことでした。しかも、当時のダイヤだとこの駅で上りのスーパーまつかぜ4号を退避するとのことで、気持ち的にだけど撮影タイムがあったのが嬉しかったです。
なお現在は、益田駅出発地点で出雲市行の普通列車よりもスーパーまつかぜ4号が始発列車として先行して発車してしまいますので、トワイライトエクスプレス瑞風のダイヤもたぶん変わっていると思います。

ただ、いずれにせよ今度こそは天気がいい時にしっかりと写真に収めて帰りたいですね。
スポンサーサイト



category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR山陰本線  DC 
Posted on 2020/05/16 Sat. 19:22  edit  |  tb: 0   cm: 0  

いつしかの山陰迂回貨物を追う 5 

IMG_5922.jpg


IMG_5925.jpg


IMG_5924.jpg


IMG_5930.jpg
2018.10.7 JR山陰本線・益田駅



前日の波乱の旅から夜も明け切らぬうちに宿を出て、活動を開始しました。
この日の目的は、半日お目当ての列車をきっちり撮ってくるということでしたが、撮影を終えたあとはその日のうちに山口宇部空港へ戻って、夜の飛行機で東京へ帰るという無茶苦茶な行程でした。

というわけで、前日からの小雨が残る益田駅を後にし、第一の目的地へ足を運びます。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR山陰本線  DC 
Posted on 2020/05/16 Sat. 18:58  edit  |  tb: 0   cm: 0  

いつしかの山陰迂回貨物を追う 4 

IMG_5907.jpg


IMG_5892.jpg
2018.10.6 JR山口線・津和野駅


IMG_5910.jpg


IMG_5909.jpg

2018.10.6 JR山口線・益田駅



益田駅まであと一息というところ、突如津和野駅で乗っていた列車から降ろされ、来るアテもなさそうなローカル線の中間駅の待合室で待っていると、そう思った以上に早く列車が来るということがわかりました。
電光掲示板と時刻表を眺めていると、どうやら益田行の最終列車でしたが、1時間ちょっとの遅れでこちらに向かっているよう。先ほど降ろされた列車は、おそらく津和野駅で滞泊する車両数の兼ね合いか何かで打ち切られたのでしょうかね。

というわけで、当初の予定よりも数時間の遅れで、終着の益田駅へ到着しました。実に2年ちょっとぶりの島根県入りを果たすことができました。ただ、感傷に浸っている時間はありません。
予約していた時間よりもはるかに遅くなってしまったので、とにかく宿へ急ぎ、翌日の作戦タイムに時間を費やすことにしました。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR山口線  DC 
Posted on 2020/05/16 Sat. 18:39  edit  |  tb: 0   cm: 0  

いつしかの山陰迂回貨物を追う 3 

IMG_5859_202005161519227a1.jpg
2018.10.6 JR山口線・三谷駅


IMG_5865.jpg


IMG_5872_20200516151924015.jpg


IMG_5874.jpg
2018.10.6 JR山口線・JRキハ40形車内


IMG_5887_20200516151927379.jpg
2018.10.6 JR山口線・津和野駅



新山口駅から山口線の旅を続けているが、山口県と島根県の県境にある壁は意外と厚かったです。これは大きな誤算でした。

車内では、山口線全駅が乗っている運賃表のモニターが見える位置に腰を掛け、終着の益田駅まであとどれぐらいかと思いながら、年季の入った朱色の首都圏色と呼ばれるディーゼルカーに揺られていました。しかし、運転席から漏れてきた列車無線の音が津和野駅手前で聞こえてくると、乗っていた列車が急遽津和野駅止まりとなる旨のアナウンスが車内に響き渡り、益田まであともう少しというところで降ろされてしまいました。
「益田方面へは後続の列車をご利用ください」とはアナウンスされるも、こういう土地柄いつ来るかもわからない状況の中、無情にも乗っていた列車が留置線かどこかへ引き上げてしまいました。

category: 旅記録

thread: 旅の写真

janre: 写真

tag: JR山口線  DC 
Posted on 2020/05/16 Sat. 15:46  edit  |  tb: 0   cm: 0