K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

日本海 

母親の実家が秋田である以上、割りと縁が深い列車なのかなって思ったりもしたけど、意外とそうでもなかった。
とかいいつつ、割りと撮っていたw

_MG_6933.jpg


初撮影は京都駅入線を流しで。2010年の正月無計画ツアーで撮ったお粗末な作品。当時の敦賀までの牽引は107番だった。

_MG_6988.jpg


つづいて、敦賀遭難時に撮影した新疋田での1コマ。いまは亡骸となってしまっている48番を捕獲。

_MG_9870.jpg


2010年夏に入りまして、1泊2日で福井へドライブツアーに出たときに撮った九頭竜川橋梁をわたるワンシーン。泊まった宿でポケットにレベラーをつっこんだまま寝たので使い物にならなくなり、水平が撮れていないのが残念なところw

_MG_1543.jpg

_MG_1677.jpg


ちょいとまた季節が飛んで、2010年12月に近畿地方へ日帰りで遠征しにいったときに撮ってきたもの。オノワニは願わくは背景の山々にかかっている雲がとれてほしかった。また、このときの大阪11番線は未だ10名程度で、至って平和でした。大混雑になる前に撮っておいてよかった。

_MG_1984.jpg


2011年に入りまして、恒例の正月の関西方面ツアーでまた1枚。定番アングルでしっかりと確保。

_MG_4524.jpg

_MG_4618.jpg


その半年後、前職をやめて旅立ったときに定番場所を攻略しまくる。

_MG_1850.jpg

_MG_1851.jpg


最後にことしの1月に青森に行ったときに撮ったもの。これが自身の定期列車最後の記録となった。あのとき寝坊なんかしなけりゃ

ああ、これでEF81形王道の名門ブルトレも消滅か。
廃止の原因となったのが、機関車および客車など車両の老朽化っていうのも一理あるが、まさに東北新幹線が新青森まで延伸し全線開業となった点が非常に大きい。日本海の大阪発車時刻は17:47で、翌朝8:45には青森へ到着するようにダイヤが組まれていたが、とりわけ冬季や荒天時には日本海縦貫線の輸送障害がおきやすいというリスクは避けられない。なおかつ、あと40分ほどはやく大阪駅を出発し、各新幹線を乗り継いでいけば、出発したその日のうちに青森に着くことができるという。
あとは対空路という面で考えてしても圧倒的に不利だし、これもやはり時代の流れだったのかなと、毎度毎度のことながらそう感じるわけである。

1947年という戦後の時期に、無名の急行列車からスタートして以来、半世紀以上にわたって日本海縦貫線を支え続けてきたこの列車も消滅。まさに「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」という平家物語における冒頭の言葉がしっくりくる。うん、できることからいまのうちにあるものを記録しておこう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiyoline.blog73.fc2.com/tb.php/1053-8f6f4c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)