K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

高運転台 -その後- 

_MG_9023.jpg


その後、月日は流れ、ようやく高運転台の乗務員室をみわたせるくらいの大きさになった。
低運転台にくらべ、視界はかなりせまくなったが、幼少期の出来事を思い起こさせる走りっぷりはやはり健在だった。

ただ、どうしても気に入らなかったのは、ATC機器がこんだけ積まれていてコクピットの様子がこちらからうかがい知ることができなかったにもかかわらず、地下区間に入ると乗務員室の仕切り扉のカーテンが下ろされてしまうこと。
京葉線に乗りなれてきたころ、初めて高運転台の車両の先頭かぶりつきをやったときに、そういった光景をみて思わず「なんで」ともらしてしまったほどだった。

やはり高運転台は好きになれない。分割編成がいた頃の運番潰しの低運クモハがいた頃が一番よかった。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiyoline.blog73.fc2.com/tb.php/1098-4b886d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)