K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

名鉄 異例の新型電機製造 

かねてから噂のあった名古屋鉄道の新型電機がとうとう落成と相成ったので、満を持して出撃することにした。

_MG_1730.jpg
▲15.1.29 新小平~西国分寺間にて撮影
9794レ DE10 1664[新]+名鉄デキ122号+121号+ヨ8630。

_MG_1603.jpg
▲15.1.29 東所沢にて撮影
9795レ DE10 1664[新]+ヨ8630+名鉄デキ121号+122号(後追い)。


同時期に落成されたJR貨物のEH800形に酷似したスタイルでありながら、1車両あたり全長10m強のミニマムボディが特徴の新型電機。養生されている白いテープからうっすら読み取れる文字から察するに、デキ121とデキ122を名乗るようである。

それにしても、私鉄における貨物列車自体漸減傾向にあり、余剰となっていく各社の所有する機関車は淘汰の一途をたどってゆく中で、こうした新型電機の製造、さらにいうなれば、大手私鉄の一社がこうして時代に逆行したようなことをおこなおうとするのは、まさに異例中の異例である。
そして、もちろん既存のデキ400・600形の去就が今後注目されてくるわけだが、今回の事例を受けて、残りの貨物列車を定期的に走らせている全国の私鉄各社が追従していくのかどうか気になるところではある。

あ、あと、新型電機のほかに緩急車としてヨが連結されるなんて、そんなの聞いてないヨ
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiyoline.blog73.fc2.com/tb.php/1491-fa5f63ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)