K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

筑肥線現況を振り返る 

先ほども申し上げたとおり、筑肥線に乗車したのは実に9年ぶりであったが、その間に車両のうごきが少々あり、俺自身が今回の訪問のきっかけとなるものがあったので、簡単に取り上げたいと思う。

<103系1500番代の地下鉄乗り入れ運用撤退>

_MG_5544.jpg
2015.5.13 JR筑肥線・一貴山~筑前深江
353C JR103系本カラE13?編成3車


IMG_5749.jpg
2015.5.13 JR筑肥線・福吉駅
地下鉄乗り入れ運用を後継の305系に譲った



1982年の筑肥線および唐津線・姪浜~西唐津間の電化開業、また福岡市営地下鉄空港線乗り入れに伴って導入された103系1500番代だが、記録的猛暑となった2012年夏にトラブルが頻発。乗り入れ先の福岡市交通局の要請もあって、代替車の新造がJR九州より発表され、2014年度末に305系を6連×6本の計36両を投入。これによって、103系6連貫通編成5本が置き換えられている。
一方、のこる3連固定編成×8本は、筑前前原~西唐津間のワンマン列車に充当されつつ、いまだ現存こそはしているが、筑前前原で3両増解結をおこない、地下鉄空港線へ乗り入れる運用が2014年3月のダイヤ改正で消滅。実質上、筑前前原以東へは定期運用では入線しなくなってしまった。

なお、一部車両では空調装置の更新がおこなわれているとの情報もあり、3両固定編成はまだしばらくは残りそうな形相。


<305系投入・運用開始>

_MG_5516.jpg
2015.5.13 JR筑肥線・一貴山~筑前深江
643C JR305系本カラW5編成6車



103系1500番代の度重なる故障のため登場した305系は、2014年11月の第一編成(本カラW1編成)の落成を皮切りに、2015年3月のダイヤ改正までに6連×6本の計36両を営業運転に投入。103系6連固定編成の運用をすべて置き換えた。
なお、本年のダイヤ改正後は、6連×3本のみが在籍している303系との共通運用となっており、ともに地下鉄空港線へ乗り入れる運用に充当されている。訪問した当日は、303系全編成が日中運用に回っており、305系を撮る機会が少なくて大苦戦した。

もちろん、このあとちょこっと乗車してきたので、車内の様子などを含めて次回取り上げる。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiyoline.blog73.fc2.com/tb.php/1557-8d6b1052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)