K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

意外なところの消滅 

_MG_7795.jpg
2013.5.31 JR東北本線・東鷲宮~栗橋
4083レ EF66 113[吹]+コキ**車



先日のダイヤ改正により、EF66形の東北本線運用が消滅していたことがわかった。

流れとしては、北海道新幹線の開業に伴う青函トンネル区間の電圧アップ(20,000V→25,000V)により、この新幹線との共用区間である貨物列車は新幹線の高電圧対応のEH800形に置き換えられ、EH500形の道南へ乗り入れる運用が消滅。
そこで、電化方式が異なるため、境界駅である黒磯で機関車交換をおこなっている列車を減らして、暇を持て余すようになったEH500形を首都圏まで乗り入れさせようとしたのである。幡生から黒磯までのロングラン運用もあるEF66形が担当する列車が、これのターゲットとして選ばれてしまい、消滅と相成ったというわけだ。

国鉄時代に製造されたものを中心に淘汰が進んでおり、かつて東海道の寝台特急で華を飾ったEF66形も次第に活躍の場が狭められている。今回の改正で、0番代の数両がさらに淘汰されそうだ。
スポンサーサイト
thread: 鉄道写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiyoline.blog73.fc2.com/tb.php/1771-a4dc9fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)