K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

わがE331系を千葉ポートタワーから俯瞰する 

前々からやってみたいとは思っていたのですが、なぜか足を運ぼうとしなかった自分が許せない(殴 地元民だからよけいなおさらですよ。。
というわけで、さっそく画像を出してみたいと思います。

_MG_9118.jpg
▲住宅街を縫うようにやってきたケヨAK1編成。私の家はみえるかな?


2010年5月1日の16時22分頃、高層マンションの影から出てきたヤツはすぐさまスロープを降り、すぐに影を潜める。現在新港信号場の出発信号機を通過するあたりだろうか、姿があまり確認できないから推測で動きを予測していく。

わがケヨAK1編成はまもなく千葉貨物ターミナルへの引き込み線跡をスルーし、ふたたび勾配をのぼってきた。まず中央区登戸方面を向き、千葉みなと駅到着前をパシャリ。比較的以前より立ち並んでいた団地群と、海岸線埋め立てられてできた高層マンション群が織り成す、千葉臨港地区の象徴的な風景をみることができる。

そして、わがケヨAK1編成は駅のホームにてその足をちょっと休める。私もみえない影を追い続けていた集中力を休めて、ヤツの発車を待つ。

_MG_9119.jpg
▲千葉みなと駅西側と比較してまったく違った風景が広がる。


わがケヨAK1編成は発車すると、港湾が広がるエリアへと投げ出される。しかし、その左手にはポートスクエアをはじめとして、最近立ち並んだものと思われる高層マンション、さらに奥のほうには県庁の所在も確認できる。ポートスクエアから千葉都心エリアは意外と近い。他にも市役所がこの画像のさらに左側にあるのだが、こういった行政機関が多くならんでいること、都心から徒歩でもいけること、それが京葉線・千葉みなとを利用するうえでの大きなメリットだと思う。

_MG_9121.jpg
▲都川信号場跡に差し掛かるケヨAK1編成。


さらに東側へとカメラを向けてみる。予想以上にマンションの数が多い。付近にはアリオ蘇我なる巨大なショッピングモールができ、利便性は次第に高まっている。さらに、この付近に新駅の構想もあることから、もし実現したとなると、ここらへん一帯がまた一変しそうな感じ。


・・・意外とここ十数年で変わってしまったもんだなぁ、千葉みなとの街は。
今日ポートタワーへ登ってみて実感できましたけれど、こんなところまでマンションが建っているんだっていうあたらしい発見ができますね。またこんどやってみよーっとw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiyoline.blog73.fc2.com/tb.php/788-432fcb64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)