K's Blog

12年目のブログ。今年は飛躍の1年にしたいです。

出会った頃のように 

_MG_4158.jpg
▲11.6.7 南船橋にて撮影
1595A 夕刻の快速列車として入線するケヨK4+54編成。


ここは俺が千葉に初めて足を踏み入れ、京葉線を利用したときに初めて降りた駅である。・・・とはいっても、武蔵野線からの乗換えでいったん下車しただけだが。

仙石線でもピンチヒッターとして走っていたオレンジ色の103系が生き残っていて、二俣支線分岐点のところで青とすれ違い再会する。しかし、この列車は新習志野行。稲毛海岸を目指すためにこの駅で降りなければならなかった。
そして、今となっては聞きなれてしまっているおばちゃん声の接近放送が、ピンポーンという2点チャイムのあとに続けて流れ、各駅停車蘇我行が入線してくる。そこで入線してきたのは、紛れもなく俺が幼い頃みていた青。そいつが新幹線のようなスラブレールが敷かれた近代的な駅に入ってくる。俺はこんな光景に深い感銘を受けた。

そんなかっこいい印象を与えてくれた京葉線の青は現在残1編成。とくにここ最近は、日常生活のなかにすっかり溶け込んでしまっていたせいか、幼い頃の思い出なんぞすっかり忘れ去っていたような気がした。
でも、このようにして振り返っていくなかで、あのとき自分が感じていたこと、記憶に残しておきたいこと、そんなことをこれから2週間ちょっとのあいだで記録できたらと思う。

6年前の青が消えたあの日から誓ったんだ。悔いのないよう、一生懸命に記録すると。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://keiyoline.blog73.fc2.com/tb.php/928-5fea76cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)